下鴨車窓「微熱ガーデン」
0
    2019年2月9日 ゆめR大橋

    穏やかそうな劇団名とタイトル、
    作家さんの風貌をからぼんやり連想していると、
    なんか裏切られたようなサスペンスフルな展開。
    会場に入ると8畳ほどの空間に長机と鉢植えの緑がいっぱい。
    これも、一瞬「癒し系」かなぁなんて騙される。
    てか、まず「え?どこで芝居するの?」って思うよね。
    長机の前後と間、椅子が置ける空間が少しだけ。
    会話劇だからこれで成立するっちゃするわけだけど、
    初めはちょっとびっくりした。

    大学から離れた田んぼの中のアパートで植物を育てている女子大生の結。
    その仕事を紹介したらしい友人の理奈。
    二人の会話は何かヤバい雰囲気。
    警察、下の階のおじいちゃんの孤独死、
    ばれてはいけない植物の特別な匂い・・・
    おじいちゃんの部屋の片づけにやってきた孫の野間を
    部屋にいれたあたりから崩れていく結と里奈の秘密。
    実際は、とっくに危ないことになっていたのに。
    てか、おじいちゃんが一番危ない人だったてのが衝撃でした。

    ラストシーンは、二人がヤバい植物を栽培し始めた時に時間を戻して。
    無邪気な二人の会話。
    二人の笑顔を救いにしていいのか、むなしく感じていいのか。
    現実には二度とは戻らない時間、二人はこの笑顔を取り戻せるのか。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「消えていくなら朝」
    0
      「消えていくなら朝」
      2018年8月12日 そぴあ新宮

      ずしんと重い家族の話。
      でも家族ってそうだよね。
      「家族はいいもんだ」、なんて簡単には言えない。
      家族だからわかりあえないこと、
      家族だからぶつけあってしまう毒ややっかいごと。
      それでもずっと関わっていかなきゃならない。

      女優の彼女を連れて久しぶりに帰省をした中年の劇作家。
      結婚して家をでている兄、近くで一人暮らしの妹、
      父親が母親と離婚したいと言いだしたことで久しぶりに集まった家族。
      ぎくしゃくとした会話、長年のわだかまり。
      新興宗教にはまり、息子たちまで巻き込んでのめりこんできた母親。
      こどもの頃から母親に連れまわされ母と共に宗教にのめりこんだ兄と
      宗教を否定して家をはなれた弟。
      父親は妻と息子を諦めたように娘を溺愛し、
      その期待からぬけだせず、自分の意志を失う妹。
      そして、劇作家の「この家族のことを戯曲に書きたい」という言葉が
      家族の中で新たな渦を巻く。

      主役の職業が「劇作家」であるということは
      この家族の姿はきっと蓬莱さん自身の家族の姿の投影なのだろう。
      劇中の劇作家は本を書くことをまだ迷っているラストだったけど、
      この劇中の作家が書いたのがこの作品、とうことなのか。
      ここまで赤裸々に自分の家族のことを語れるのかという重さ。
      でも、いい大人になった今だからこそ
      劇作家である蓬莱さんだからこそ
      こどもの頃からもやもやとしてきたものを
      ちゃんと「言葉」にできることの凄さよ。
      その「言葉」を持たず、ただ傷つくしかなかったこどもの頃のことを思い出して
      なんか泣いてしまった。
      いや、別にうちの母親は宗教にはまりはしなかったし、
      毒親でもないし、普通の家族なんだけど。
      「普通の家族って何?」だよね。

      劇作家・女優という仕事柄、どうしても言われる言葉。
      「お前は好きなこと仕事にしてていいねぇ」
      「いい女優さんなのに、なぜ売れてないの」とか、
      演劇人には痛い言葉の数々もあえてぶつけてくる蓬莱さん。
      「別に楽してるわけじゃないよ」とか
      「TVに出てる人だけがいい役者じゃないよ」とか
      言いたいことは沢山あるけど、呑みこむことに慣れていくのよねぇ段々と。

      ぶつけあう言葉の先に、100%の理解もないけど
      もう一緒に仲睦まじく暮らすってこともないけど
      断ちきれない何かをひきずってても
      家族は家族。

      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「翔んで埼玉」
      0
        2019年3月5日 ユナイテッドシネマももち 監督:武内英樹

        あんまり考えなくていいお気楽映画気分だったのと
        他に時間があう映画がなかったという消極的選択肢で
        なぜか観てしまった「翔んで埼玉」。
        バカだなー、本気でバカやってんなーと声出して笑えるし、
        希望通りのお気楽映画だったけど
        正直、別にスクリーンで観なくてもいいか。
        まぁ人生にはダラダラと漫画を読むような時間も必要さ。
        マンガのような映画、てか、マンガ原作だもの当たり前だよね。

        GACKTはどこまでも美しく
        男装の二階堂ふみちゃんはいじらしくかわいい。
        てか、ふみちゃんが男の子をやることでBL要素をソフトにしたのかなぁ
        なんて思ってたら、伊勢谷さんとGACKTの妄想シーンが・・・。
        正直こっちのほうが萌えましたわ(笑)。
        京本正樹と麿赤児が兄弟って「白塗り」つながりかよ!とか
        埼玉内部の戦いなんて、九州人にはわかんねーよ!とか
        ツッコミどころ満載。
        大人がくだらない(ほめてる)ことを真剣にやるのは嫌いじゃない。
        でも一番笑ったのはタイトルロールのはなわの歌かな。
        ご当地キティちゃんが犀かぶって玉乗りして「さいたま」って・・・
        埼玉のなんにもなさとキティちゃんの無節操さの両方に笑える。
        そして、埼玉県人も佐賀県人に言われたくねーよ、
        とさぞかしつっこみたかったことだろう。

        こういうおバカ映画のこってり演技ってお決まりのパターンで
        そうとしかやりようがないのはわかるけど
        芝居としてはちょっと飽きてくるよね。
        そう考えるて思い出すと同じようなマンガ原作とは言え
        「帝一の國」とかほんとよくできてたんだなと思う。
        菅田君や剛太郎さん、芝居上手い人で固めると
        こてこて芝居ばかりでも決まるもんだなと。
        いや、この映画をディスる気持ちはさらさらないけど
        やっぱり美しさだけではちょっと持たない感じもしたな

        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |