「SING」
0
    2017年8月30日 ルイガンズシネマ 監督:ガース・ジェニングス

    毎夏一度は行きたいと思っているルイガンズシネマ。
    リゾートホテルのお庭で寝そべってビール飲みながら映画。
    画面も音も映画館には劣るし、
    途中で席を立つ人や花火の音、と気が散る要素もたくさん。
    でも、ひと夏一回くらいはこんなゆるーい映画の楽しみ方もいい。
    ただねぇ。今年は日にちというか、作品というか
    行くタイミングを間違えたよう。
    夏休みももう終わり、作品は家族連れでもカップルでも楽しめる「SING」ということで
    芝生の上はびっしり、他人様の敷物を踏むことなしに歩けないくらい。
    ビール買うにもトイレにも長蛇の列。
    ビールのおかわり買う気にもなりゃしない。

    いや、作品には満足しましたよ。
    お約束のハッピーエンドとは言え
    歌と踊りがご機嫌で
    夏休みのお気楽映画にはぴったり。
    私はカラオケとかあまり得意な人間じゃないけど
    誰しも歌いたい、とか踊りたいとかいう衝動はあって
    それをストレートにだせることは幸せなことだなぁなんて。
    何より「劇場」が賑わうお話はやっぱり嬉しい。
    まぁ来年はもっとのんびり環境では見たいけど。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ゴジゲン「くれなずめ」
    0
      2017年11月12日 北九州芸術劇場小ホール

      青臭くこっぱずかしい若い頃やもう会えない人を思い出す甘苦い後味。
      センチメンタルがあふれて、センチメンタルだけでは生きていけなくて。
      男子がちょっとうらやましいぜ。
      男の子だけじゃないとあの後味にはならないの、女子としてはくやしいけど。

      友人の結婚式で久々に集合した高校時代の仲間。
      当時の文化祭の出し物を披露宴で再演するもどん引きされ、
      二次会までは中途半端に時間がある。
      付近のお店もいっぱいで行き場のない6人の男達。
      いや、正確には人と20代で亡くなったヨシオの幽霊(?)
      芝居を続けていたって夢だけでは食べていけないし、
      仕事やら結婚やら子供やら
      年齢とともに現実的になっていく自分もいろ。
      過去を懐かしく思ったところで、実際はそんなにドラマチックじゃない。
      昔好きだった子に再会しても人生はかわらないし、過去が書き換わることはない。
      それでも生きていく。
      思い出したり忘れたりしながら。
      ヨシオは成仏したかなぁ。なんて思い出しても
      それはやっぱり自分の為なんだな。
      わかっているから甘苦いんだな。

      大病をしたばかりのせいか、ふと
      「自分が病気で死んでいたら仲間はこんなふうに私を思い出すだろうか」と思いがよぎる。
      いや、50で死んだってこんな物語はできはしないよ。
      もう死ぬタイミング逃しちゃったよ。
      長生きしよう。

      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      GIGA「谷岡紗智の悲劇三部作」
      0
        2017年7月27日 ぽんプラザホール

        「フィクション」とかカギカッコをつけるとしても
        見ようによってはなかなかエグいお話。
        毒も棘もたっぷりあるのに
        どこか飄々と淡々とすすんでいくので
        不思議と生生しさはない。
        さちんちゃんという作家の人柄ゆえにケムにまかれたか。
        演出山田恵理加の料理の腕か。

        生身の人間同士の接触が排除され
        セックスも子育ても政府に管理される世界「2200年のMother'sDay」
        近くにいる人間の感情を共有できる能力を持ったばかりに
        セックスの快楽も覗き見できる代わりに
        自殺する人間の恐怖まで共有してしまった男の話「タワー」
        母と娘、そのご近所さん、どこにでもありそうな日常が
        壊れていく怖ろしさ「10月の風鈴」。
        近未来の設定、ありえない能力と
        遠くの世界で起こった救いのない話から
        最後にぐっとご近所のありえそうな話まで
        実は近くにある恐怖と狂気。
        うーん、やっぱりエグイか(笑)。


        | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |