「銀魂」
0
    2017年8月8日 t-joy博多 監督:福田雄一

    いやぁ、ありえん設定におバカでとがったキャラ。
    ○マトからガ○ダムからナウ○カと、節操なく
    人のふんどしで相撲をとりまくる。
    まるでマンガ、マンガ。。。
    って漫画原作だもの当たり前か。

    漫画原作の制服映画がはびこる邦画には
    あまり期待していないのだが
    夏休み映画としてノーテンキに観るにはあり、ではなかろうか。
    原作のキャラ設定とかまるで知らなくても
    楽しめるようにはなってたし、
    少年漫画原作なのにイケメン目当ての女性も集められそうだし。
    菅田君大好き、なのはいつも通りだけど
    今回は柳樂君、岡田君のバカかっこよさ、
    勘九郎君の肉体美、というか露出っぷりと
    なかなかの眼福。
    天人のビジュアルとか妙にチープなのは
    狙ってのことなんだろうけど
    長澤まさみ演じる妙の衣装があまりに安易なのが気になった。
    色も柄も素材も、時代感もなければアレンジした形跡もなし。
    着物の中に「つなぎ」とか「ジャージ」とか
    現代のモチーフをアレンジした他の衣装に比べ
    その辺の呉服屋さんに売ってた附下をそのまま着せました的な着物。
    天下の長澤まさみに着せるには手抜きに見えたなぁ。
    少年漫画なんで、原作でもあんな感じの着物着てるんだろうなぁ。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「グレイト・ギャツビー」
    0
      2017年7月22日 博多座

      数年前のデカプリオの映画「ギャツビー」が偉く気に入ってしまった
      お母ちゃんのたっての希望で観劇。
      何しろ80年生きてきて、初めて買ったDVDだもの。
      デカプリオファン、というわけじゃなく
      あの時代の空気や華やかな衣装がたまらんそうだ。
      今回のミュージカル観劇でも
      一番のお気に入りはちょっと退廃の匂いのする
      パーティーでのタンゴのシーンらしい。
      私はといえば、実は映画も含めてあまり共感できるストーリーじゃないのよね。
      純愛というには、屈折したギャツビーの思いと
      結局どこにも踏み出せないデイジーにイライラ。
      しかもこのミュージカル版では
      娘を「女の子だから、きれいなおばかさんに育てるの」と言い切ってしまう。
      まるで自分はもう、きれいなおばかさんには戻れないみたいな言い方してるけど
      結局、きれいなおばかさんじゃないか。

      ミュージカルは苦手、と言いながら
      ダンスのシーンはとても好き。
      歌は・・・これは「ピカイチ」観た時も思ったんだけど
      どうやら歌詞を聞き取りながら聴くのが苦手みたい。
      冒頭とラストに繰り返されるプールのシーンは
      とても舞台らしい表現で、哀しいけれど美しかった。

      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「ありがとう、トニ・エルドマン」
      0
        2017年8月1日 KBCシネマ 監督:マーレン・アーデ

        いたい。
        いたくて見ていられないというのが正直な感想。

        家族、特に父親との距離感ってほんとに微妙で
        前半、仕事中心の生活を送る娘と父のすれ違いや
        会話が続かない気まずい空気が痛すぎて。
        後半、トニ・エルドマンというおかしなキャラクターになって
        再登場する父。
        これがまたちょっと笑えなくて。
        彼女の歌と、ネイキッド・パーティーで
        ぐぐっと持ち直したものの
        なんとなく消化不良のまま終わってしまった。
        もともとの家族との距離感が欧米と日本では違うからかな。
        職場に親がやって来るなんて信じられない、という考えが先に立ってしまって。
        まぁ、親が遊びに来ていようが、病気だろうが、仕事優先が当たり前
        という日本の感覚のほうがおかしいんだと思うけど。
        やっぱり私自身の家族との距離感覚の不安定さゆえかな。
        じわりと笑えて、じわりと沁みてくるいい映画なのだと思うけど
        その前にいたくて正面から見ていられなかったよ。



        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |