「火口のふたり」
0
    2019年8月29日 中洲大洋 監督:荒井晴彦

    確かにかつての日活ロマンポルノみたいだ。
    かつて恋人同士だった男と女が再会し、
    再び身体を重ね
    離れがたくなっていく。
    「からだのいいぶん」に従って。

    一度だけ「あの頃に戻ってみる」の約束で身体を重ねたはずなのに
    男はどうにも我慢できなくなって
    結局二人は女の結婚式までの5日間を一緒にすごす。
    たくさんセックスをして、一緒にご飯を食べる。
    男が「セックスがこんなに気持ちよかったのを思い出した」
    みたいなことを言っていたのが印象的だった。
    離婚して職もなくした男には性も食もどうでもいいことになっていて、
    多分それは生きること自体がどうでもいいことになっていたんだよね。
    彼女との再会をきっかけにして、釣りをしながら魚肉ソーセージをかじっていたような男が
    アクアパッツァなんかつくっちゃう。
    そう、この映画、セックスのシーンも多いけど食事のシーンも多いのだ。
    食欲と性欲、この二人はこどもをつくるつもりなのか・・・のラストにもつながる
    生きることへの欲望がじわじわと募っていくのがわかる。
    劇中に使われている富士山の絵や
    かつての二人のなまなましいモノクロ写真も効いている。
    料理をつくる男の器用な手つきや、これらの作品をみてると
    彼は多分何かを創る系の人なんだろうという想像もできるし、
    性や食を取り戻したように、彼が創作を取り戻すかもしれないという予感もする。
    富士山の噴火と言う未曽有の災害を背景に
    どこまでも堕ちていくふたりの物語のようで
    実はふたりにとっての再生の物語。

    ふたりがかつての思い出話をするシーンも多いからか
    すごく個人的な昔の思い出を掘り起こしてくる映画でもあった。
    ラーメンもレバニラもアクアパッツァもハンバーグも
    どれもこれも食べたくなったけど、
    昔の彼が最後に私につくってくれたトマトのパスタが食べたくなった。




    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「ロケットマン」
    0
      2019年8月30日 ユナイテッドシネマCC13 監督:デクスター・フレッチャー

      どうしても比べられちゃうよね、「ボヘミアン・ラプソディ」と。
      私は「ボヘミアン・ラプソディ」がドキュメンタリーだとすれば
      「ロケットマン」はファンタジーだと思った。
      実在の人物の実際のエピソードが満載で
      主演のタロン・エガートンはエルトンそっくりのパフォーマンスをするけど
      何だかファンタジー。
      ミュージカル仕立ての楽しさのせいもあるけど
      きっと「エルトン・ジョン」って人物が、その人生がファンタジーなんだわ。
      正直私は自分の音楽視聴歴的に、エルトン・ジョンには
      フレディほどの思い入れはなかったけれど、
      親の愛を求め続けた少年時代の彼にキューンとしたし、
      何より彼の天才っぷりに改めて驚いた。
      日本人にはそういう文化がないけど、
      正直、もっと日本人もハグすればいいのに、最近時々思うのよね。
      大人になると、子供のように手をつないだり
      誰かに抱きしめられたりすることが少なくなって。
      私の場合は最近こどもの頃とは逆に、たまにお母ちゃんの手をひいてあげることがあるし
      ハグしてあげたくなることがある。
      私も少年エルトンを抱きしめてあげたい、と思ったし
      エルトンはちゃんと生きて、ハグして、ハグされる人生になったのが
      また嬉しくて。
      比べちゃいけないと思いながらもどうしても思ってしまうよ。
      あぁ、フレディ、どうして死んじゃったの?って。
      この映画を観てからエルトン・ジョンの曲をきいて
      あのぶっとんだ衣装を見るとまた印象がかわるよね。
      生来の彼のお茶目さや、
      それ故に道化のようにもなってしまう彼の哀しさ、
      背景にあった孤独や疎外感。
      でもやっぱり彼の物語はファンタジー。
      いつだって、どこへだって飛んで行ける気がするよね。


      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「よこがお」
      0
        2019年7月30日 KBCシネマ 監督:深田晃司

        映画の宣伝コピーには「サスペンス」「復讐」という言葉が並ぶので
        主人公の市子がどんな復讐をしようとしているのかはすぐに察しはつく。
        しかも復讐の仕方がちょっと短絡的というかあさはかなんだよなぁ。
        男の人はこれを観て
        「女ってなんて怖ろしい復讐をするんだろう、こわすぎる・・・」
        と思うのか
        「しょせん、女の考える復讐ってあさはかなもんだよ」と思うのか
        どちらにしても、男の人の考えた女性像な気がして
        ちょっと萎える気持ちもあった。

        でもね、人の心理こそサスペンスという意味でいえば
        とてつもなく深く複雑なサスペンス。
        むしろ、こんなあさはかな復讐をする女が
        どんな風に堕ちていき、どんな計画をたてるか、とか
        どんな思いで妹の死やその息子のことを観ているかを抱えているかを考えると
        わざとこんなあさはかな復讐をさせたのかなぁとも思う。
        市子に友情や好意、以上の思いをよせる基子がどんな気持ちで彼女を陥れ
        どんな気持ちで憧れの彼女と同じ介護の仕事についたのか。
        誘拐事件を起こした市子の甥っ子がどんな動機で事件を起こし、
        母を亡くしたあとどんな気持ちで市子と暮らし始めたのか。
        何もかもが謎で理解しがたいのに
        カメラが映し出しふとした彼らの表情にいろんな思いをくみとってしまう。
        もちろんそれは全部、スクリーンのこちらからの想像。
        市子の夢とも妄想ともしれぬシーンも含めて
        人の心の中の迷路をたどったような気分で映画を観終えた。

        舞台ファン、かつての第三舞台ファンにとっては、
        最近の筒井さんの活躍は嬉しいかぎり。
        「淵に立つ」の時よりもさらに美しく、さらに深く「女」。



        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |