「ローガン・ラッキー」
0
    2017年11月30日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:スティーブン・ソダーバーグ

    かわいい、かわいいぞ、アダム・ドライバー。
    「沈黙」の時はいくら村人が食物くれるからって
    潜伏生活でそんないいガタイしてちゃだめじゃん、って思ってたけど。
    「パターソン」とこの映画のアダム・ドライバーの真顔のとまどい顔にはキュンキュンした。
    いや、全然好みじゃないチャニング・テイタムのダメ男っぷりにさえキュンとくるんだから
    いつから私はこんなにダメンズ好きになったんだろう。
    ダメ男の兄ちゃんが焼いてくれたカリカリベーコンに
    「兄ちゃんが俺の好みにベーコン焼いてくれた」って涙しながら
    強盗計画加担の決心するんだよ。
    兄弟そろってダメすぎじゃん。
    でもかわいすぎじゃん、反則だよ。
    ダニエル・クレイグも007のキメキメもいいけど
    ちょっとゆるめの二枚目でこれまたいい感じ。

    アメフトの花形選手だったのに怪我をしてから転落人生の兄。
    イラク戦争で片手を失ったバーテンダーの弟。
    アンラッキーと言われ続けたローガン兄弟の一発逆転狙いのクライムムービー。
    大逆転を狙いすぎないからこそうまくいくその塩梅がいい感じ。
    不幸の痛みを知ってる人の気持ちに添ったハッピーエンドが心地いい。
    やっぱり悪いことのあとにはいいことが起こってほしいよね。
    そしてここでも「カントリー・ロード」。
    父ちゃん思いの少女の歌声にも泣けるけど
    自然と大合唱しちゃう町の人の気持ちに泣けてくる。
    「郷土愛」とかいうと、大げさすぎて好きじゃないんだけど
    やっぱり私は町とそこに住む人のつながりみたいなものに
    魅かれ続けるんだな。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    南無サンダー「クレナイのワルソウ」
    0
      2018年3月24日 箱崎駅前広場

      ごめんなさい。
      私、南無サンダーなめてました。
      いや、好きだし応援はしてましたよ、今までも。
      でもどこかで芝居に関しては
      「どうせ南無サンダーだしなぁ」みたいな甘めのメガネで観てるとこあった。
      おバカで全力でまっすぐすぎて熱すぎて、
      その熱さゆえにちょっとだけうざくって、
      それでも愛すべき奴らやなぁとは思っていたけど、
      今回は「芝居」として面白かった。
      いや、褒めてるのか失礼なこと言ってるのか
      だんだんわからんようになってきたけど。

      わかりやすく任侠もの。
      拾われたチンピラとヤクザの親分と姉御。
      あいかわらずのまっすぐの奴らだけで
      戦う相手はなぜか、ライバルの○○組とかではなくて
      「たまには喧嘩に負けてこい仮面」みたいな奴。
      ぶつかってもぶつかっても
      「たまには喧嘩に負けてこい」と歌いながら
      立ち上がってくる超クール、いや、超シュールな奴。
      あぁ、男の子って常にこういう
      得体の知れないものにぶつかり続けてるのかもしれないなぁと
      ちょっと哲学的な心持にすらなった。
      もしかしたら、少ない役者でまわすための苦肉の策やったんかもしれんけど(笑)。
      でも、このシュールな敵のおかげで
      奴らの「喧嘩」が「芝居」になったよう。
      南無サンダーの熱さを客演のケニーがぐっと引締めて
      役者陣もよくなった。
      ダンスの振付のような殺陣もよかった。
      リアルに拳ふりあげるだけが戦いじゃない。




      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      立石義江出演情報
      0
        立石義江出演情報

        ●最新旧型機 クロックアップ・サイリックス 第19回公演
        『 上下左右 』

        [日時]
        2018年5月18日(金)     19:30
              19日(土)14:00/19:30
              20日(日)14:00/19:30

        [会場]
        湾岸劇場博多扇貝(福岡市博多区築港本町2-1)
        http://hakataohgai.com/

        [チケット]
        前売券 2,000円/当日券 2,300円
        ※日時指定・全席自由

        http://www.clockup.com/next.html

        ●あなピグモ捕獲団 ERARY SUMMER 2018 MEETS THE SESSION #02
        『臨界マクベス』

        [日時]
        2018年06月29日(金)     19:00
           06月30日(土) 14:00/19:00
           07月01日(日) 14:00

        [会場]
        ぽんプラザホール (福岡市博多区祇園町8-3)

        [チケット]
        前売一般 2,700円 
        前売U-25 1,500円 ※25歳以下の方限定・受付にて身分証をご提示ください
        ペア…5000円
        トリオ…6900円
        当日(一律)…3000円
        ※日時指定・全席自由

        http://ana-pigmo.com/next6/

        ●ヒカリノオトpresents『はるまつあきふゆ』

        [日時]
        2018年7月27日(金)〜7月29日(日)

        [会場]
        ぽんプラザホール (福岡市博多区祇園町8-3)

        https://ja-jp.facebook.com/hikarinote01/

        ★番外編

        柳家三之助 糸島独演会「三之助 いと愉会!Vol.13」
        アフタートーク企画「お弁トーク」の御相手役として登場。

        [日時]
        2018年5月27日(日) 17:00開演

        [会場]
        古材の森 前原店

        [チケット]
        前売券 2,500円、当日券 3,000円
        中学生以下: 前売・当日共通1,500円
        アフタートーク(お食事付): 前売り限定1,500円

        https://i-pb.net/itoyukai/2018/04/08/itoyukai-13/

        | 立石 義江 | 役者の日々 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |