ちょっと固めの職場でのお話
0
    9月中に職場の後輩が二人辞めることになった。
    何しろ営業事務3人・経理事務1人(私ね)、
    女性は4人しかいない職場での2人入替はけっこうなおおごと。
    引き継ぎのことを考えて随分早くから
    退職の意志を伝えていたはずの二人ですが
    社長が求人を各所に出したのがお盆あけ。
    新人が出社したのが9月から。
    今月は引き継ぎでわたわた状態が続いてる。
    特に辞めていく二人は、何をどんな順番でしゃべればいいのか
    すごーく頭を使ってへとへとになってる。
    当然教えながらの業務はなかなか進まず毎日残業。
    私は直接関わらないので、気楽なものですが
    電話をとっての雑務などをできる限り引き受けながら
    見守りながらの残業の日々。
    小さな会社で「後輩に何か教える」みたいな経験のあまりなかった二人が
    ここへきてぐんと成長していくことに微妙な気持ちを覚えるけれど
    まぁこういう小さな会社の宿命みたいなもんだよねぇ。
    で、この新人さん。
    一人は第二新卒、一人は紹介派遣。
    要するに二人ともバイト経験はあれども事務経験はまったくなし。
    通りいっぺんの事務経験があれば、
    たとえ同業じゃなくてももう少し話が早いと思うのだけど、
    領収書のどこに印鑑押すか、とか
    現金売りと掛け売りの違いとかから教えないといけないから
    もう絶対的に引き継ぎの時間が足りない。

    この職場にはもう10年勤めているので
    何度も似たような場面にあって、その度にボスと喧嘩してきた。
    「同じ派遣社員をとるなら事務経験のある人を採用してください。」
    「あなたは事務作業をバカにしている。誰にでもすぐにできるものだと甘くみている」と。
    引き継ぎ期間がない時や3人の事務員総入れ替えの時でさえ、
    平気で「人柄がよかったから」とか言って、
    電話のとり方から教えないといけない若い人を採用するボスに
    たくさん文句を言ってきた。
    けど、今度ばかりは怒らなかった。
    今どき、この職場の待遇で経験ある人が来てくれるわけがない、というのがひとつ。
    もうひとつは、就職活動をしてもすんなり正社員になる仕事をみつけられない
    今どきの若い人に機会を与えられるのならそれもいいかと思ったから。

    で、この二人への引き継ぎの様子を見ていると
    若い人がいろんな意味でチャンスを失ってきたのだなと思って心が痛む。
    うちのような小さな職場ではとにかく目の前のやらねばならないことを
    どんどん詰め込んで教えていくのが精一杯。
    社会人として、事務作業を仕事とするものとしての基礎の部分をじっくり教えている時間がない。
    本来は土台をつくってから家を建てたいのに、土台と家を同時につくっていくような作業。
    これまでアルバイトなどで働いたことはあっても、同じような突貫作業の教育の仕方をされてきたのだろう。本来なら職場がかわっても、どこに行っても通用するはずの土台部分がとても弱い。

    たった二人の若者を見ているだけで、今の日本の問題が!
    なんておおげさな言い方かもしれないけれど、
    今の若者はお金がないというが、経験や知識を積む機会も失って悪循環しているなぁと。
    もちろん個人差のある話だとはわかってるけど、
    今の社会のスピードやうちのような中小企業の余裕のなさでは
    土台をおろそかにする傾向はまだまだ続くような気がして怖ろしくなる。
    大学の話や、企業の技術力の話でもよく聞くけれど
    こうやって日本は自分で自分の首を絞めながら衰退して行くんだなぁと。



    | 立石 義江 | いつもの日々 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    一年がたちました
    0
      今日であの手術からちょうど一年。
      一年前は、一年くらい酒も飲めないだろうし、
      声量とか落ちて舞台復帰するのもたいへんだろうし、
      とかいろいろ考えていたのが嘘のように、
      元気で健康に一年を迎えました。
      丈夫に産んでくれた両親に感謝するしかありません。
      困ったことに今朝の体重は手術前にせまる、いや、今にも超えそうな勢い。
      しかも一年前の今頃は、しばらくは美味しいもの食べられないかもと、
      ステーキじゃ中華じゃと食べまくって人生最高に太っていたというのに。
      いや、これはまずいです。さすがにまじめにダイエットします。
      「胃がんダイエットに失敗した人の本気ダイエット」。
      これ、成功したら本にできるなぁなんて妄想してる時点でいかにも失敗しそうですけど。
      てか、昨日の夕食がさつまいもにゴルゴンゾーラのグラタンで
      今度はこの呑み放題ランチに行こうなんて計画してるところがもう絶対ダメですけど。
      でも、この食欲・酒欲、欲望の強さが回復の速さにつながったのだと信じています。
      これからも欲深く。
      生きる。
      「長生きせんと」ね。



      | 立石 義江 | いつもの日々 | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      秋が来た
      0
        きゃあ、気がつけばもう9月も10日。
        9月になって一度もブログをあげないうちにもう10日。
        忙しかったのか?と聞かれれば忙しかったような、そうでもなかったような10日のうちに
        もうすっかり秋の風が吹くようになってしまいました。
        弟のような(?)後輩の結婚式で落語を披露したり、
        夏の終わりをビーチで楽しんだり、
        お稽古の日々が始まる前に友達と飲み歩いたり。
        あ、けっこう忙しくしてたね。



        9月はいよいよ落語三昧の日々。
        そして11月のお芝居の稽古も始ります。
        さぼらず、かと言って義務にもせず
        またぼちぼちいつものように映画や芝居のことも書いていきます。



        | 立石 義江 | いつもの日々 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        チケット紛失問題
        0
          忘れないうちに書いておきたいこと。
          先日東京へ観劇旅行へ行った時のこと。
          空港で「今どきは飛行機もチケットなしだもんねー」と携帯でチェックイン。
          土曜に予約済みのDULL-COLORED POPのチケットも入金済みの当日精算だし
          最近はチケットの現物持ち歩くことが減ったなぁ、と思ったとたん、
          「あ、チケット忘れた!」
          ローソンチケットで入手して、発券済みだった日曜の本多劇場の「志の輔落語」のチケット。
          荷造りの途中で鞄を替えた時点で忘れてきたことに気がついた。

          まず、私がどう対処しようと行動したか。
          本多劇場に電話。
          「ローソンチケットで購入したならローソンチケットさんに『発券証明書』なりを発行してもらわなければこちらでは対処できぬ」との返事。
          まぁ、それももっともだとローソンチケットのHPで問い合わせ電話番号的なものを探す。HPの中で問い合わせ電話番号を探すのは非常に苦労する。
          ネットで情報を得ることを第一目的につくられているのでわからないでもないが、
          できるだけ電話での問合せを受けたくなくて、わざとわかりにくくしているのではないかと疑いたくなるわかりにくさ。
          なんとか電話番号を見つけて電話をかけるが例のナビダイヤルというやつで全くオペレーターにはつながらない。
          土曜のうちに十数回、日曜の午前中には多分三十回以上かけたが一度もつながらなかった。

          番外 いいかげん嫌になって、志の輔落語を諦めようかと。同じ下北沢のスズナリでの「燐光群」での公演も気になっていたのでそちらの当日券狙いへとむかう。評判のいいい公演の上に千秋楽。おまけに井の頭線の事故も重なって、当日券発行に大変苦労している様子。
          暑い中、開演自体も遅れてすみません、と非常に丁寧な対応。
          てか、満員のスズナリで開演20分オシの場内のお客さんに同情。
          私の整理券番号ではとても入場がムリなことがわかって本多劇場へ向かう。

          スズナリから本多劇場へと歩きながらローソンチケットに電話すると、今度は電話がオペレーターにつながった。14時半はまわって既に劇場は開場している。本日15時のチケットを忘れたこと。本多劇場からはローソンチケットの発行する発券証明が必要と言われたこと。既に会場入り口近くにいることを告げる。予約番号でチケット購入の事実も確認できた。が、「発券証明」というのにオペレーターが戸惑っているのか折り返し電話しますということになり電話を切る。
          ローソンチケットとの電話から20分ほどが経過し、開演5分前。どうにもならぬと判断してダメ元で受付(本多劇場の人ではなく志の輔さんの事務所の方と思われ)にチケットを忘れたこと。座席番号はわからないがローソンチケットの予約番号はわかることを告げる。
          すぐにローソンチケットに電話をしてくれ(もちろんすぐにつながる)、購入の事実と座席番号を確認。会場内のその席に誰も座ってないことを確認してすぐにかわりのチケットを発行してくれた。


          ということで結果としては、予定通りに志の輔落語を観られたわけだけど、なんかムダな苦労をさせられた気がして納得がいかんわけやね。
          結果オーライで行けば、最初からイ亮膾甜圓膨樟椶けあえばよかったんじゃないの?と思うし、実際、私が主催者でも同じ対処をしただろうと思う。
          だからと言って、本多劇場やローソンチケットに電話したのが間違いかというとそういうわけではなし、両窓口の対応に問題はなかったのともやもやは残る。
          とりあえず言いたいことは書いておく。
          それぞれの窓口にクレームとして持ち込むか、クレーム仕様に書き直すのもめんどくさいからこのままほっとくか・・・

          ●ローソンチケットさんへ
           まず、問合せ電話番号がかけてもかけてもかからないってどうなの?
           イベント主催者からも、チケット購入者からもシステム利用料だの発券手数料だのなんだかんだお金はとっているのだから問合先くらいちゃんと開いておこうよ。
          ましてや、ネットでいろんな用事がすむイマドキに電話してくるって、それなりに緊急だったり困ってたりする時だってことくらいわかってるじゃん。
          しかも、奇跡的に電話がつながったあと、結局音沙汰なし、ってどういうことでしょう?
          15時開演の公演のチケットがなくて困ってるということを伝えて。メールも電話も連絡先は渡してる状態で、15時開演ぎりまで電話つながる状態にしていたのに連絡なし。その後も15時までに連絡できなかったことに対する詫びも説明も一切なしですよ。
          15時になったねー、タイムアウトだねぇ、残念でしたーってことかしら?

          ●本多劇場さんへ
           販売したローソンチケットさんへ問合せてくださいというのは、筋は通ってます。間違ってはいません。でも、「発券証明」が必要というのはあなたの見解で、主催者さんによっては対応が違ったわけです。私が電話した時間帯はちょうど公演中で志の輔落語の主催者さんも劇場内にいたはず。「主催者によって対応が違うので」とその時劇場内にいた主催者側につなぐこともできたのでは?
          間違ってないけど、不親切。お金もらって貸してるだけという姿勢ではない劇場だと思っていたのでちょっと残念。
          ましてや、ローソンチケットさんの問合せ窓口なんて簡単には電話つながらないんですよ、てか、そういうことも知らないのかなぁ、なんだかなぁ、な気持ちです。


          | 立石 義江 | いつもの日々 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          名前をつけた
          0
            さて、5月。
            極端に暑いや寒いに翻弄される4月のおかけでちょっと
            鼻声で迎えた5月。
            4月の終わりに新しい自転車を手にいれた。
            昨年秋に盗まれたと思っていたラピス・ラズリ号、ラピちゃん。
            その不在の間に手に入れてしまった岩子、岩ちゃん。
            そうじゃなくても2台のチャリに交互に乗っているのに
            何を血迷って3台め。

            だって、自分ご褒美だもん。
            何のご褒美?と言われると困るけどご褒美だもん。
            胃を切除して半年の検査も無事にクリアしてのお祝い。
            私自身はなーんもがんばってないけど。
            お医者さんがいい手術をしてくれて
            多分私の身体の中のどこかしらががんばって適応してくれて
            ほぼ日常生活には支障のない健康体。
            だからお祝い。だからご褒美。
            旅に連れていける折り畳み自転車だから用途も全く違うしさ。
            ちょっと迷ってたけどやっと名前もつけた。
            ブラックスピネル号。スピちゃん。
            歴代の自転車がブルーだったので、サファイヤ・ラピスラズリ。
            その色の宝石から名前をつけてきた。
            岩ちゃんは父・岩夫に買ってもらったから岩子だけど
            まぁ広い意味では石とか岩とか同じ素材だし(笑)。
            今回は黒いから・・・
            ブラック・ダイアモンド、長い。通称ブラちゃん?もなしだなぁ。
            オニキス、オニちゃん?なんか電話会社の誰かさんみたいよね。(好きだけど)
            ヘマタイト、ヘマちゃん?響きはかわいいが意味がちょっと。
            モリオン・シャーマナイト・オブシディアン、耳馴染みがなく自分が忘れそう。
            いろいろ考えましたが、
            ラピちゃんと韻を踏んだ感じがいいかなとスピちゃん。
            ブラックスピネル、パワーストーン的には自己実現・才能の開花・目標達成の力があるそうだからまぁそれもいいじゃない。
            と言うわけで張り切って「風薫る5月」!
            スピちゃんと出かけようにも旅にでる隙間はどこにもない(泣)。
            それどころか一日オフで戯れる時間さえない。
            サキやんやってくるし、クロサイの本番はやってくるし
            三之助師匠の糸島の落語会にも行かねばならない。
            それだけイベントが混んでいると
            合間にはバイトに行かなくちゃ、義理も立たぬし、金もまわらぬ。
            というわけでしばらくはスピちゃんは
            折り畳みっぱなし自転車。
            せめて広い稽古場、博多扇貝に向かう時専用かな。
            ベイサイドまわって海沿いの道をたどれば
            少しはおでかけ気分が味わえるかしら。

            | 立石 義江 | いつもの日々 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ライブの空気
            0
              先日ひさーしぶりにライブハウスに行った。
              むかーし昔、入り浸ってる時期があって
              その頃の友人が東京からの凱旋ライブだというから。
              正直、最近はライブハウスが苦手になってる。
              セッティング変える時間が必要なのはわかるけど
              なんかもてあます時間が多い。
              予定時間おしてもあたりまえな感じとか
              うちわ客のうちとけあった空気とか
              年々足が遠ざかってた。
              多分、そのまま劇場にあてはめてみてもいいことなんだろうけどね。
              私たちにとっては当たり前の時間の感覚やロビーの空気感が
              演劇や劇場になじみのないお客さんにアウェイを感じさせていないか・・・
              なんて小難しいこと考えなくても、
              いざ、ライブが始まれば、音に身をまかせて、身体を揺らして
              十分に楽しいんだけどね。
              何より、彼に会うのは25〜6年ぶり?
              見た目がかわってないのはもちろん
              演奏っぷりもバンドのテイストも相変わらずで
              なんだかとっても嬉しくなった。
              もろきっちゃん、愛してるぜ。
              ふぁずふぃるむ、ファンク・ザ・インベーダーズ、白川バンド
              あの頃追いかけた愛しいバンドのみんな。
              元気におっさんやってるかーい?
              たてきちは、おばさんになっても
              しつこく楽しくえんげきにしがみついてます。





              | 立石 義江 | いつもの日々 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              米を炊く
              0

                お正月あけて気付けば1週間。
                やっぱり年頭のブログくらいは、今年の目標とか書くべきかしらん、
                今年の目標は「米を炊く」。
                昨年、30年超使い続けた、いや、
                時々使ったり使わなかったりした炊飯器を買い替えたので米を炊く。
                というか、食生活をもうちょっとなんとかしようってことですよね。
                電子レンジも買い換えたけど、すでにただの温めマシンになりつつある(笑)。
                昨年、健康に関して考え直さねば、な病気に直面して
                やっぱり「食生活」と「ストレス」には気をつけねばと。
                いや、ストレスに関しては、好きなことしかしてないつもりだったのだけどね。
                もっともっと好きなことだけしろ、ということか(笑)。

                だからというわけではないですが
                今年も芝居や演劇に関しては
                できるだけ我慢をせずに見たいものを見て
                一緒にやりたい人とはやろうとも思っています。
                本来なら自分の年齢と身体のことを考えて
                ペース配分せねばというところではあるのでしょうが
                病気をしたことで逆に
                「いつか」と先延ばしするのは辞めようという気持ちもあって。
                そして、そんな時にまた絶妙なタイミングですでにいくつかの
                お申し出をいただいていて
                「今でしょ」な気分になっています。
                無理をして突っ走る年齢じゃないのはわかっています。
                ゆっくり、でもあくまでも前向きに
                「今」を走る一年になりますように。


                | 立石 義江 | いつもの日々 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                癌でした。過去形でいいのかわからないけど。
                0
                  博多駅なうです。
                  今日の午前中は病院でした。
                  もちろん平日なので本来ならこれから職場に戻ってお仕事したり
                  夕方には12月出演のお芝居のお稽古に行ったりするべきなのですが
                  今日は完全に自分の休日にしようと前から決めておりました。
                  私、胃癌でした。過去形でいいのか、現在完了形で書くべきなのかよくわからないけど。
                  9月12日に胃の下のほう、2/3を切除しました。
                  なぜ今さらこんなこと書くかというと、今日切除部分の最終的な生研結果を告げられたからです。
                  ステージA。
                  術前の見立て通り最初期での発見。
                  ただ65とったリンパのうち3ヶ所だけど転移があって、早く手術してよかったと。
                  これで抗ガン剤等の治療も必要なしとの判断でやっと無罪放免。
                  今まで病気らしい病気もしたことない私。
                  初めて身体にメスが入るとへこんだ時期は、こんなへこんだ状態で文章にできないと思ってたし、抗がん剤治療なんてことになったらなおさらだなと思ってたので
                  やっとこうして文章にしました。
                  今日で解放されるのか、抗がん剤治療という長期戦の闘いが始まるのか。
                  どちらにしても今日は8月6日に半ばはしゃぎ気味に「人生初胃カメラ」とつぶやいてから
                  怒涛のように、でもどこかひとごとのように過ぎていったこの3ヶ月ほどに一段落つく日。
                  幸い解放宣言の日となりましたので、残りの半日を思い切り遊んできます。
                  とは言え、いざ私の顔見たらみなさん驚くくらい普通通りだと思います。
                  もう既に病人ではないので当たり前と言えば当たり前ですが
                  こんな告白をあえてしているのは、そのせいもあります。
                  私の目論見では、ぐっとスマートになり、お酒も飲まなくなった私を見て
                  「どうかしたの?」「いや実は・・・」という流れで
                  自然と病気のことを話す流れを期待していました。
                  手術から2ヶ月足らずで、体重もほとんど落ちず、お酒も少しずつですが解禁し始めるなんて想定外なくらい元気です。
                  一生ダイエットが必要じゃないくらいに痩せられるんじゃないかという
                  私の皮算用は見事に破れました。
                  美味しいものやお酒と縁遠くなる心配も杞憂に終わりました。
                  大きなメンテナンスがはいりましたが、やっぱりよしえはロボかもしれません。



                  | 立石 義江 | いつもの日々 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  片付けられない乙女座問題
                  0
                    雨に降りこめられた先週の金曜の夜に
                    Facebookなんぞ見ておりましたら
                    占い師の友人のこんなブログが目に入ってきた。
                    「片付けられない乙女座」
                    整理整頓、きれい好きが一般的なおとめ座にもかたづけられない人種がいる。
                    最良の分類方法を求めては整理整頓に手がつかず、
                    「捨てなきゃよかった」という後悔への恐怖でモノが捨てられない。

                    もう読んでる最中から心がざわざわしてきたよ。
                    なぜだ?なぜポーラ先生はこんなに私のことがわかるのだ?
                    ほんとにモノが捨てられないのよ、私。
                    特にお洋服。
                    母ちゃんのお手製のものは捨てづらいってのもある。
                    よく、ときめかなかったら捨て時、とかいうけど
                    古着なんかも好きなもんだから、
                    今ときめかないけど、もう少しとっといたら一周まわってときめくかも?
                    とか思って捨てられない。
                    文字通りの片付けられない、捨てられない乙女座。

                    ブログを読んで、そうか、完璧を求めなければいいのだ。
                    後悔したっていいじゃないか、と一念発起。
                    土曜日の午前中のうちには、ごみ袋が3つほどできましたが、
                    そんなもんで私の片付けベタが解消するはずもなく。
                    日曜には、ちょうど風呂釜が新しくなって水廻りもきれいにしたかったしと
                    100円ショップを何周もして、清掃や収納グッズを購入。
                    またこの100円ショップというのがくせモノだね。
                    これが100円!というお買い得商品から
                    やっぱり100円↘というがっかり商品まで。
                    この日も吸盤型のタオルかけは何度やっても落ちてくるし
                    引き出しの間仕切りに使おうと思った箱はサイズがあわない。
                    まぁ、サイズがあわないのは100円商品が悪いのではなく
                    私の採寸が甘かったからですが。
                    結局、今度こそと挑んだ食器や洋服の断捨離も
                    たいした成果なく。
                    今回悩んだあげくに捨てきれなかった洋服は
                    今シーズンもう1回着てみてやっぱり違うなと思ったら捨てる
                    ということにしました。
                    供養(?)の気持ちもこめてもう1回着たら
                    今度こそ捨てる気になるかなぁ。
                    自信ないなぁ・・・

                    あ、もちろん部屋の写真はイメージです(笑)。
                    「おしゃれな部屋」で検索したらこれがでてきた。
                    これ、トイレやがな。

                    | 立石 義江 | いつもの日々 | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    普通の日記
                    0
                      ダッシュ帰りしたら間に合うかと思われた「沈黙」には出遅れ
                      グザヴィエ・ドランのレイトショーまでは待ちながい、
                      中途半端な時間を持てあまし
                      ちょっとツタヤは覗いたけれどそのまま帰宅。
                      ブログ=日々の日記だとすれば
                      映画や芝居を観ないこんな日の記事こそ
                      普通の日記てことかしら。

                      ツタヤにはノートを買いに行った。
                      先日、友人が人生の計画や具体的な目標をノートに書きだす話をしてたから。
                      人生も半分を過ぎて今さら計画もないもんだ、と聞いていたけど
                      具体的な目標=映画や本ならありだなと思って。
                      本屋や図書館の空間は好きだ。
                      好きなだけにドキドキしすぎる。
                      あれもこれもと気持ちばかりがはやり、結局何を選んでいいかよくわからなくなる。
                      その結果買った本や借りた本が積ん読で放置されてたりするから世話はない。
                      レンタルCDやDVDの棚の前でも同じだ。
                      あ、そういえばこんなのあった。これも見逃してたと思い始めるとキリがなく
                      何を借りていいやらわけがわからなくなる。
                      だから、人にお勧めされた本や、タイミング合わずに見逃した映画を
                      書き留めておくノート。
                      邪魔にならないほどよいサイズで、ちょっと見た目も好みのノート。
                      これも結局、書き留めるものが増えるだけで
                      何が何やらわからなくなるだけかもしれないけど。

                      ものはついでに本屋の中もぶらぶら。
                      やっぱ痩せるためには野菜料理のレパートリーを増やさなきゃなー
                      と料理の本を手にとるものの、
                      冬の間はなんでも「鍋」にするという必殺技があるからま、いっか。
                      50代以上むけのファッションの本なんか流し読みして
                      「私たちには気に入らない服を着ている時間なんてない」という
                      フレーズに衝撃を受け、そうだそうだ、うちへ帰ったら断捨離するぞ
                      といきまくも、彼女らのいう「気に入った上質な服」の例にあげられて
                      いるブランドが、私には触れたことも見たこともないブランドばかりで
                      あぁ、これは別世界の話ね、と途端にしぼむ。
                      最後にグルメ雑誌のコーナー。
                      地元の飲食店をとりあげる雑誌で「あんみつ姫」の特集。
                      代表、とまとママ、みろく、ひこ、となじんだ名前の後に
                      続くキャストの名前がまったくわからいくらいごぶさたしてる。
                      ママはいつも私の顔を見ると指さして大口あけて笑う。
                      あのママの笑い顔が見たくなったなー。

                      | 立石 義江 | いつもの日々 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |