「ガチ星」
0
    2018年4月20日 中洲大洋 監督: 江口カン

    観終わったあとの複雑な気持ち。
    何かに似ていると思ったら「グレイテスト・ショーマン」やん。
    なんとなくハッピーエンドに終わって
    感動したような気になってしまうけど
    誰にも感情移入できないし
    なんだこいつやっぱり「くそ野郎やん」て思うとこ、同じやん。
    私がギャンブルやらないせいなのかなぁ。
    なんであそこでパチンコ行くん?とか
    野球選手がダメなら競輪で一発逆転って発想自体がギャンブルやん?
    とかどうにも共感ができない。
    確かに最後はものすごく頑張ってる姿を見せてくれた。
    ましてや、自転車は好きなので
    あの疾走する姿にはカタルシスはあるし
    なんだかいいラストだったなーと観終わって
    あとからじわじわ、「んー、なんか違う」という気持ちになってる。
    周りがみんないい人で
    いつの間にか許されてハッピーエンド。
    まぁ「グレイテスト〜」は最後のがんばりさえなかったので
    まだそれがあるだけいいのか。
    シロヤのサニーパン、白頭山、角打ち酒屋(赤壁かしら?)での立ち飲みと
    北九州市民をくすぐる仕掛けはさすが。
    ベタベタに甘いサニーパンが苦い思い出に使われてるってあたりとか。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「KUBO 二本の弦の秘密」
    0
      2017年12月8日 t-joy博多 監督:トラヴィス・ナイト

      折り紙でつくられた侍やくわがた虫が
      鮮烈な三味線の音色に命を得たように生き生きと動き回る。
      それだけで、この監督がどれだけ日本を好きかが伝わってくる。
      夏祭りの盆踊りが阿波踊りだったり、
      いろいろツッコミどころはあるけれど
      それも、日本らしいモチーフを使いたくてしょうがなかった
      監督の日本愛の表れだと思えばかわいいものではないか。
      実際、祭りの夜の村の浮き立つ空気とか
      精霊流しの灯りとか、日本的な景色はとても美しく映ってる。
      母が少年を「ク・ボー」とカタカナ英語口調で
      しかも「それが下の名前かよっ」とツッコミどころ満載で呼ぶのには
      違和感あったけど、それすらだんだん慣れて許せてくるの。
      慣れって怖いわね(笑)。

      赤ちゃんを抱えて泳ぎながら逃げてくる高貴な女。
      始まり方が奇しくもバーフバリと同じだったのにうけた。
      数年後、成長した少年は
      心の病を抱えた母をかばいながら暮らす。
      左目を失った彼の奏でる三味線は不思議な力を持つ。
      折り紙を自在に操り、英雄の物語を、彼の父ハンゾウの物語を語る。
      祭りの日には村に死者が帰ってくると聞き、
      父との逢瀬を願って日が暮れる前に帰るという母との約束を破ってしまった少年は
      闇の世界と自分の父母との因縁の物語を知る・・・

      お話はね、ゲームっぽいというかちょっと物足りない気がするのよね。
      アイテムをそろえて強くなって行くというのは
      ロールプレイングゲームのパターンなのかしら?
      そのアイテムを手に入れるのに本人よりも
      クワガタ虫と猿ばかりが頑張ってるようにみえて
      少年本人の成長ものとしては物足りなく感じる。
      クワガタ虫と猿の正体がわかって
      これは「家族」の物語なのだとわかってくると
      それはそれでありなのかも、と思う。
      3本の弦、親子3人の絆が一番強いということだとしたら、
      揃えようとした3種の神器的な、刀や兜はなんだったのかしら?
      父も母も失ったのに、じいさんは記憶を失っただけで簡単に許されるのね?
      とかお話的にツッコミたいところも多々あるのだけど
      美しい日本の(日本ぽい?)景色と
      ラストの「Why my guitar gentle weep」のまさにgentleな音色に
      ぐっと来て、いい映画じゃったー、となった。

      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「君の名前で僕を呼んで」
      0
        2018年5月1日 KBCシネマ 監督:ルカ・グァダニーノ

        私は自分が食いしん坊なせいか
        男の人が美味しそうにもりもりご飯を食べる姿や
        ごくごく飲物を飲む姿に弱い。
        この映画で一番キュンとしたシーンは
        オリヴァーがバレーボールの合間に水をごくごく飲むシーン。
        イタリアの夏の陽射し、上半身裸の美しく若い男。
        ドキドキする美しい画だったから、
        それにドキドキするのが男でも女でも
        別に不思議はないと思うの。
        ましてや、後半二人の思いが実ってから、
        「実はオレあの時からさぁ・・・」「えー、ボクもー」的に
        語り合うシーンがあって、もう高校生の青春映画かよ!って
        ツッコミたくなったわ(笑)。

        避暑地で知り合った
        年上の美しい人とのひと夏の恋。
        ありがちっちゃありがちな話。
        それが音楽を愛すナイーブな少年と
        美しく知的な青年のお話でなければ。
        イタリア南部の美しい風景と別荘での優雅な生活。
        主役の二人は完璧なまでの美少年に美青年。
        ちょっと綺麗すぎるなとも思ったけどね。
        ときめく心や別れの刹那さは同性も異性も違いはなく、
        と言いたいところだけど
        ちょっと違いがなさ過ぎて、周りも理解がありすぎて
        拍子抜けするくらい。

        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
        0
          2018年5月29日 中洲大洋 作:トム・ストッパード 演出: デヴィッド・ルヴォー

          なんかねぇ、悔しかったんだ。
          そりゃあ面白かったよ。
          自分の意志とは関係なくどんどん巻き込まれていく二人の姿と
          でこぼこコンビっぷり。
          「ハムレット」という表の芝居の舞台裏の様相。
          私だって、ニヤニヤ、ムフフと笑いながら観てましたよ。
          しっかしさぁ、あいつら=イギリスでリアルタイムで舞台を見ている観客たちったら
          ゲラゲラ、ワハハと笑うんだわ。
          元ネタ「ハムレット」の展開もセリフもよく知ってるだろうし
          英語特有の韻をふんだ、いわばダジャレ的表現もあるんだろう。
          古典とか舞台芸術とかの浸透度も思い知らされる。
          日本にたとえたところで「歌舞伎」のストーリーが
          ここまで浸透してるってことはないし。
          むしろ昔話?
          「桃太郎」や「浦島太郎」の裏ストーリーを楽しんでるくらいの感覚なのかもしれない。
          とにかくなんだか、悔しかったのよ。
          ゲラゲラ、ワハハと笑えない自分が。
          ニヤニヤ、ムフフと笑ってるうちにも物語は
          「ハムレット」同様、悲劇へと転がっていく。
          自分達が託されたのが「ハムレットを殺せ」という親書だったのを知って
          悩む二人に対して、躊躇なく、
          「ローゼンクランツとギルデンスターンを殺せ」という手紙にすりかえるハムレット。
          二人を待っているのは処刑のシーン、ではなくフェードアウト。
          ただ消えていくのみ。
          だからこそ怖い。だからこそ哀しい。
          権力に振り回される市民の姿でもあるのだろうけど、
          役者である自分には、「脇役」の運命としてやっぱり切ない。
          死のシーンさえ許されない脇役の運命。
          たったひとこと。
          「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」。

          | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「孤狼の血」
          0
            2018年5月24日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督: 白石和彌

            「孤狼の血」
            2018年5月24日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督: 白石和彌

            役所さん、どこまでもダーティーでクレイジー。
            超かっこいい!は言うまでもないけれど、
            桃李君が思った以上によかったわー。
            娼年ではちっともセックスが上手にならなかった桃李君だけど
            この映画では、ちゃんと刑事として成長してる。
            それが、いい方向なのか、あぶない方向なのか
            彼もまた綱渡りの綱にのってしまったってことなのか、
            とにかく、広大出のいい子ちゃんには収まらない刑事になっていく。
            その過程の彼のちょっとあぶなかしい顔ややけくそな顔。
            特に好きな役者さん、てわけでもなかった私でも
            ぐぐっと、きゅんきゅんと、来ていたので
            ファンにはたまらん映画だったのでは?
            欲を言えば、「娼年」のような桃李君のお尻と
            「さよなら渓谷」のような真木ようこの濡れ場が拝めれば
            もっとたまらん映画だっただろうな。
            まぁ、バイオレンスとそこから滲み出る男の色気みたいなもんで
            お腹いっぱいだからそこまでエロスはいらない、というところか。
            何しろ、生き死にがかかった男達の血や汗は
            なによりもエロいなぁと。
            バイオレンスやヤクザものが好きってわけじゃいし、
            ちょっと目をそむけたくなるシーンもあったけど
            徹底した時代の空気感や緊張感は好きだったな。
            役者の面構えって大事よねぇと思った。
            ヤクザや警察、昭和の空気の顔つき。
            男達はもちろん、女優もね。
            真木ようこは程よくブスで、って言ったら怒られるか。
            昭和の水商売の女のすごみがでてて、いい面構えだなぁとか。

            | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「オールザットジャズ」
            0
              2018年5月26日 中洲大洋 監督: ボブ・フォッシー

              ショービジネスの表と裏をくまなく、みたいな内幕モノかと思い込んでた。
              内は内でも演出家の脳内世界?
              予想以上にシュールな映画だったわ。

              ショーの振付・演出に映画監督、マルチな才能で多忙を極める主人公、ジョー・ギデオン。
              結婚・離婚を繰り返し、同棲中の彼女を泣かせ、酒とたばこがやめられない。
              破天荒な生活の末、病に倒れた彼にとっては
              手術や死さえも、ショータイム。

              現実の稽古場で、彼の脳内で、
              繰り返されるダンスシーンは衣装もセットも
              笑っちゃうほどぶっとんでるのに
              やっぱりかっこいい。
              なぜだか、ちょっと「グレイテスト・ショーマン」と比べてしまった。
              ショーの為なら何でもありな破天荒さやダメンズ度は同じ、
              てか、家族目線なら「グレイテスト〜」のバーナムのほうがずっとマシなはずなんだけど
              なぜか、私はギデオンのほうが愛せる。
              ダメンズはとことんダメンズのほうがいいってことかねぇ・・・


              | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「ローガン・ラッキー」
              0
                2017年11月30日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:スティーブン・ソダーバーグ

                かわいい、かわいいぞ、アダム・ドライバー。
                「沈黙」の時はいくら村人が食物くれるからって
                潜伏生活でそんないいガタイしてちゃだめじゃん、って思ってたけど。
                「パターソン」とこの映画のアダム・ドライバーの真顔のとまどい顔にはキュンキュンした。
                いや、全然好みじゃないチャニング・テイタムのダメ男っぷりにさえキュンとくるんだから
                いつから私はこんなにダメンズ好きになったんだろう。
                ダメ男の兄ちゃんが焼いてくれたカリカリベーコンに
                「兄ちゃんが俺の好みにベーコン焼いてくれた」って涙しながら
                強盗計画加担の決心するんだよ。
                兄弟そろってダメすぎじゃん。
                でもかわいすぎじゃん、反則だよ。
                ダニエル・クレイグも007のキメキメもいいけど
                ちょっとゆるめの二枚目でこれまたいい感じ。

                アメフトの花形選手だったのに怪我をしてから転落人生の兄。
                イラク戦争で片手を失ったバーテンダーの弟。
                アンラッキーと言われ続けたローガン兄弟の一発逆転狙いのクライムムービー。
                大逆転を狙いすぎないからこそうまくいくその塩梅がいい感じ。
                不幸の痛みを知ってる人の気持ちに添ったハッピーエンドが心地いい。
                やっぱり悪いことのあとにはいいことが起こってほしいよね。
                そしてここでも「カントリー・ロード」。
                父ちゃん思いの少女の歌声にも泣けるけど
                自然と大合唱しちゃう町の人の気持ちに泣けてくる。
                「郷土愛」とかいうと、大げさすぎて好きじゃないんだけど
                やっぱり私は町とそこに住む人のつながりみたいなものに
                魅かれ続けるんだな。

                | 立石 義江 | 映画観る日々 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
                0
                  2018年4月4日 KBCシネマ 監督:ジョー・ライト

                  よくあることだ。
                  世間では評価が高い映画なのにどうにものれない。
                  確かにチャーチルは現代の偉人の一人だろう。
                  彼が徹底抗戦しなければ
                  ヨーロッパはナチスの支配下に堕ち
                  今とは違う歴史が刻まれていたのかもしれない。
                  でもなぁ・・・

                  なにしろ相手はヒットラーだ。ナチスだ。
                  民主主義の敵である彼らの旗を英国に掲げさせるわけにいかない。
                  わかる、わかるんだよ。
                  だけど、きっとこの人は時代が違えば
                  同じように的確な言葉で
                  「我が国の旗をあの地に掲げよう」と民衆を煽ったのだろうなと。
                  実際、そうやって英国は領土を広げた歴史があるわけで。
                  なんかそんなもやもやを抱えたまま観たもので
                  どうにものれないまま観終わってしまった。
                  特殊メイクも駆使した、ゲイリー・オールドマン渾身の演技は
                  確かによかった。
                  葛藤も迷いもある人間的な側面もわかる。
                  いくつになっても上品で愛らしい妻のクリスティン・スコット・トーマスも素敵だった。
                  だけどなぁ・・・
                  政治ってそんなものだよってことかしら。
                  「ダンケルク」を観ておけばもっと入り込めたのかしらとも思ったけれど、
                  この手の戦争ものが近年ますます苦手。
                  どうにも子供でごめんなさい。



                  | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「グレイテスト・ショーマン」
                  0
                    2018年3月8日 中洲大洋 監督: マイケル・グレイシー

                    冒頭のサーカス開幕シーンからときめく。
                    サーカスとか見世物小屋にわくわくする気持ちはとめられない。
                    見れば絶対楽しいだろうし、
                    そこには好奇心とか差別とか怖い者みたさとか
                    いろんな感情が含まれていることも否定はしない。
                    が・・・
                    なんだろう、このモヤモヤ感。
                    圧倒的な歌とダンスの力。
                    わー楽しかったーと満足して映画感をでたのも確か。

                    でも誰にも感情移入できない・・・てかバーナム、クソ男やんこいつ。
                    「This is me」
                    マイノリティであった彼らの魂の叫びの曲でありながら
                    全ての表現者にとっての覚悟の曲にも聞こえる。
                    「私はここにいる、これが私だ」と発信続けること。
                    でも、ドアを閉ざし彼らを締め出したバーナムは
                    この曲を聴くこともなく、1ミリも心を動かすことはなかったんだ。
                    なのに、全てを失ったあとなーんとなくみんなに許されてるし。
                    「Never Enough」決
                    して満たされることなく
                    居場所を探し続けたジェニー・リンドのエネルギーを
                    受け止めることなく利用しただけ。
                    そして彼が妻のもとに
                    「From now on」今日からはちゃーんとしまーすって走っていったあと、
                    彼女は一人で去っていたってことだよね・・・
                    おかしな話だけど彼がもっとダメ男だったら許せたのかも。
                    どうにも破天荒でダメ人間だけど憎めない人っていると思うけど
                    この男、中途半端に愛妻家でいいパパなんだよなぁ・・・
                    実にのびのびと「From now on」と唄われると許したくなるんだろなぁ。
                    いい曲だし。

                    でも嫌いな映画かというとそうも言えない。
                    人の心を動かし、楽しませるものを否定はできない。
                    うーん、複雑。

                    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 13:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    「オリエント急行殺人事件」
                    0
                      2017年12月28日 中洲大洋 監督:ケネス・ブラナー

                      昔からホームズは好きだったけどポワロは苦手だったのよ。
                      なんでだろ?
                      なんかあとだしじゃんけん感があるのよね。
                      というわけでこのお話も謎解きうんぬんはイマイチ響かず。
                      豪華絢爛なキャストや華麗な列車の旅を楽しむ映画。
                      っつても、キャストも豪華すぎてムダ使い感ハンパなかったしな。
                      ジョニー・デップはすぐ死ぬし
                      ウィレム・デフォーはの「実は・・・」の種明かしとか
                      ラストのほうにほんのちょっとで演技派のムダ使い。
                      ケネス・ブラナーのやりたい放題映画だな、つか
                      ケネス・ブラナー自身が、
                      創られたポワロ像のモノマネしてるみたいで
                      ムダ使い感あったのよね・・・
                      と、ずいぶんボロカスに書いてきて気がついた。
                      私、ポワロの人物像そのものがあまり好きじゃないんだわ。
                      頭がよくてこまかーい男。


                      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |