「バトル・オブ・セクシーズ」
0
    2018年8月27日 中洲大洋 監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン

    この映画をみた少しあとに、大坂なおみとセリーナ・ウィリアムズの全米オープンの試合があって、
    女子テニスの話題がニュースになった。
    映画の主人公でもある女子テニスのかつてのチャンピオン、ビリー・ジーン・キングが試合について言及。
    「女子選手が感情的になると『ヒステリーだ』と言われペナルティが課される。それは男子選手にはない不当な扱い。」とセリーナ・ウィリアムズを擁護した。
    日本では、どうしても大坂なおみに肩入れしてセリーナへの批判的な意見が多かったし、
    どちらかというと日本人もすぐに「女のくせに」という見方をしたがるほうだから、
    新鮮な意見に思えたし、ちょっとホッとした。

    「バトル・オブ・セクシーズ」を見て、映画館でちょっと泣いた。
    てか、帰宅してもずっと泣いてた
    。泣くような映画じゃないよ。むしろ痛快な映画だよ。
    だけどね、女の子は皆戦ってる。かつて戦ってた私を思い出した。
    丁度ニュースになってた、東京医大の不正に寄せられた怒りのハッシュタグの時もこんな風に泣いていたなぁと。
    怒りとか悔しさとか、いまだ克服できない哀しさとかにうちのめされて。

    うちの父は「女には学歴はいらん」と公言する古い人間だった。
    父は私を愛していたし、最後は許してくれるとは信じていたけど、
    自分が選んだ大学に行くこと、というか四年生大学に行くことだけで父との戦いだった。
    ハンストして訴えた私の願いはあっと言う間に叶えられたし、
    結果、何不自由ない大学生活を送らせてもらったことに感謝はしている。
    それでも私は決して忘れない。
    TVにうつる女性政治家や文化人を見るたび、
    「女に学問はいらん」「雌鳥が鳴くとろくなことにならん」と娘の前で言い続けたあなたの言葉。

    平成も終わろうとしている今でも、まだ戦っている女の子がたくさんいる。
    別に女性が男性より上、と言いたいわけじゃない。
    ただ同じ権利を獲得するために、男性を超えるほどの力をださなければ声をあげることすらできない。
    私は父に女子であっても「四年生大学にいく資格があるくらい優秀」を示すために
    トップをとるしかなかったし、実際とった。
    でも、もし私が父に従順な女の子であったら、
    父と戦うのがめんどくさがる性格であったら、
    そしてトップをとる力がなかったら、そんなことを考えながら映画を見たら涙でてきた。
    今の私はすっかりそういう土俵からおりて、自分の能力のすべてを、
    いかにして自分の好きなことだけして生きるか、にそそいでいる。
    でも、戦っているたくさんの女子を思うと全力で応援したいし、やっぱり泣けてくる。
    あの頃押入れで泣いた私。
    試合に勝利してもなお、控え室で一人泣いていたビリージーン・キング。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「バーフバリ 王の凱旋 テルグ語完全版」
    0
      2018年10月22日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:S.S.ラージャマウリ

      いっちまったよ、今年3回目のバーフバリ。
      日頃は同じ映画や芝居を2度3度リピートするより
      新たなものを観るほうが好みなのだが。
      ちょっとお仕事がらみのままならぬことで
      ストレスを感じてたところのでの選択。
      レイトショーでお客さん少なかったのをいいことに
      ひとり小声絶叫上映(笑)。
      声をだして笑うのはもちろん
      「ジャイ・マヒシュマティ」とか「バーフバリ」連呼とか
      ひとり秘かに声にだして鑑賞。
      あー、すっきりした。
      3時間はさすがに少し疲れたけど
      3回みても飽きさせない濃密なつくりはさすが。
      一度めは、父子が同じ顔なのと、回想が長すぎるのとで
      お話を追うだけでせいいっぱいだったし、それが面白かった。
      二度目は、1とのつながりを楽しむ余裕ができて、
      つくりこまれた宮廷の美術や衣装の美しさも堪能。
      三度めともなるとまた別の部分が気になるもの。
      今回は、インド映画の「官能」について思いを馳せた。
      インド映画には直接的なラブシーンはなく、
      ミュージカル部分の歌と踊りの中でそれを匂わすことが多い。
      この映画でも、そういう意味では、
      王国に向かう船の上でのダンスシーンが一番のラブシーンなんだと思う。
      でも今回改めて一番「官能的」だと思ったのは
      その船に乗り込む直前のできごと。
      ボートに乗りこもうとしたデーバセーナがよろけ
      それをフォローしたバーフバリが
      自分の腕と肩を渡し板かがわりにさしだし、
      デーバセーナも堂々とその彼の身体を橋として
      踏みながらボートに乗り込むシーン。
      彼らの今後の関係性やこの後の展開を示唆するシーンであると同時に
      とても官能的やなぁと思った。
      って、ちょっと私のM的発想かしら?

      あと、バラーラがデーバセーナに抱く愛憎入り混じった気持ちは
      たまらん官能的やなと思った。
      バーフバリに彼女を奪われたあとに残された鎖に頬ずりするバラーラ、
      最期に命乞いをするかわりに、「ともに死のう」と言うバラーラ。
      なんてせつないシーンだろうと思ってしまった。

      とりあえず今はエンドレスバーフバリの病が発症して
      バーフバリ1 伝説誕生 が見たくてしょうがない。
      え?KBCシネマで完全版が公開されるとな?
      あー、罠にはまった。思うツボや。





      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「OCEANS8」
      0
        2018年9月7日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:ゲイリー・ロス

        映画の楽しみ、ここにあり。
        華やかで芸達者な女優陣。
        きらびやかな衣装や宝石。
        痛快なストーリーとトリック。
        ハリウッドらしさを満喫できて、華やか度が高い分だけ
        前作の「11」や「12」よりもポイント高いかも。
        前作はおうちで観ちゃったってのもあるけどね。
        やっぱりこういう華のある作品はスクリーンで観るのがいい。

        この8人の顔ぶれの豪華さよ。
        しかもルーツや得意分野のバラエティがアメリカっぽいよね。
        「美」と「技」の幅が広い。
        個人的にはケイト・ブランシェットのクール・ビューティーぶりと
        アン・ハサウェイのしたたかな女っぷりに拍手。
        頭がいいとか悪いとかを超えた、
        勘のよさとか流れを呼ぶ力とか。

        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「SUNNY 強い気持ち強い愛」
        0
          2018年9月6日 中洲大洋 監督:大根仁

          さすがの大根さんにもハードルが高かったよね。
          元ネタの韓国映画がよすぎた。
          てかそれを確認するためにも今すぐにももう一度観たいくらいだ。
          「SUNNY 永遠の仲間たち」のほうを。
          何がどうとかうまく言えないけど
          今一つのれなかった。
          元ネタのほうは、もう「Time After Time」 を耳にするだけで
          泣いちゃうくらいはまったのに。
          もしかしたら単なる世代の差かもしれないけど、
          確かに私はルーズソックスも安室ちゃんもリアル世代じゃないけど
          それにしてものれなかったなぁ。
          「ララランド」ばりの女子高生の通学ミュージカルシーン、
          あそこで「わ!」とときめかないと入っていけなかったんだと思う。
          なんかガチャガチャしすぎて入れなかったんだな。
          90年代の女子高生のシーンはずっとそのガチャガチャに
          今ひとつのれないまんまだった。

          うん、世代の差かな。
          戻れない青春を振り返りつつの現代シーンはやっぱりせつなかったから。
          病院のベッドで二人並んで横になってるとこは泣けたし、
          あの頃の歌を歌いにカラオケに行きたくもなった。
          もう振付なんか欠片も覚えてないけど
          私も文化祭で踊ったな。
          「What a feeling」と「晴れのちBlueBoy」とあと何曲かあったけど
          もう思い出せないや。
          でも確かに一日中踊りながら一日中笑ってたな。
          近所の中学生にお手紙もらったな。
          たいがい私もガチャガチャしてたか、高校生の時。

          癌告知に関するセリフにはちょと違和感あった。
          身よりがないからいきなり本人に告知された、と芹香は言ったけど
          今どきは病名自体は告知するほうが主流じゃないかしら?
          手術するとかしないとか治療法の選択ができないからね。
          余命宣告するかどうかはまた別の問題なんだろうけど。
          たいしたことじゃないんだけど、そういうちょっとしたことで
          古臭い感じがでちゃうよね、と思って。

          しかし大根さん、あの小池栄子のみごとな乳をよくニセモノにしたてたな。
          三浦春馬君の長髪イケメンもひと昔前感がでててGood Job!
          「ん?これってイケメンなんだっけ?」って一瞬戸惑うくらい(笑)。
          時代って怖いわぁ。


          | 立石 義江 | 映画観る日々 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「パンク侍切られて候」
          0
            2018年8月1日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:石井岳龍


            花火を見ながらビールを2杯飲んでからのレイトショー。
            寝てしまうかも、という心配をよそに
            全く眠くはならなかったから、やっぱり面白かったんだろう。
            だからと言って「絶賛おススメ」できるかというとそうではないし、
            「何が面白かったか」を説明するのももちろんムリ。
            ちょっと酒の入った頭で、
            なーんも考えずに観たのがよかったんだろうなぁ。
            なぜ、こうなった?とか
            このあとこうなるのかな?とか真剣に考えながら観るタイプの人には
            向かないかもしれない。
            荒唐無稽・熱・勢い。
            いろんな方向を向いた、いろんな強さの風というか
            私のイメージでは漫画に描いたみたいな「矢印→」が
            びゅんびゅん飛び交ってる感じ。
            あっちこっちと振り回されるように→の飛ぶ先を追うけど
            次々とんでくるので、ちゃんと行着地点を見届けることはできない。
            なのに一番おっきな矢印は最後にちゃんと的にあたるんだな、みたいな。
            なんかすっごく感覚的でわけのわからない感想ですが
            この映画のストーリーを説明してもしょうがない、というか
            説明できないのでこうなっちゃう。
            あとね、全然関係ないけど
            大濱流灌頂の大灯篭の武者絵がまさにパンク侍やった。
            町田さんに見せたいわぁ。

            | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「万引き家族」
            0
              2018年6月2日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:是枝裕和

              この映画の製作にかかわった皆様におめでとうとありがとうを。
              カンヌ映画祭パルムドール受賞、本当におめでとうございます。
              そして、久しぶりに邦画で満席になった映画館が本当に嬉しかった。
              ありがとう。

              貧困・こどもの虐待・独居老人・女子高生の性の商品化。
              今の日本の問題がぎゅぎゅっと詰め込まれてて
              胸が痛くなる。
              それでいて、声高に「どうしたらいいんだ!」と叫ぶこともない是枝節。
              みな、静かにそれを受け入れたり、小さな抵抗をしたりしながら
              力強く生きていく。
              安藤さんとリリーさんの素麺からの・・・のシーンがとても好きだ。
              エロスというより生きる力がみなぎってる。
              食べることと生きることとセックスが近くにある感じ。
              あとは見えない花火を見上げるシーン。
              見えない何かでつながったニセモノの家族が
              夢のような幻のような、見えない何かを見る、祈りのような姿。
              居心地のいいニセモノの世界はやがて崩れる。
              自分からその一歩を踏み出そうとした少年が
              これから見る世界は希望にあふれてはいないかもしれない。
              でも、あの日見た花火や、家族で飛んだ波が
              彼の支えになりますように。
              ニセモノだけれど、ホンモノではなかったけれど
              決して嘘でもない何かがそこにあったと信じたいから。

              安藤さくらの映画と言っていいほどの
              彼女のもう凄みとも言える顔がたくさん見られた映画だったけど
              リリーさんも樹木希林も、一瞬しか出てこない池松君にいたるまで
              もう役者さんはみんなすごくよかった。
              皆優しくて、孤独で、決して「いい人」ではなくて。
              そして愛おしい、人たち。

              | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「ハン・ソロ」
              0
                2018年8月10日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:ロン・ハワード

                今年の初めに「最後のジェダイ」を見た時にも書いたけど、
                スター・ウォーズシリーズを見るのはもう半ば義務というか義理というか
                今さらやめられない意地というか、に引っ張られてる。
                それでも観ればやっぱりいつものテーマ曲に心ときめくし、
                裏切りや愛憎を描いても、常にちょっと日本的な「義」のようなものが
                流れていることに感心する。
                ハン・ソロはソロという名前の通り
                一匹狼、アウトローと言いつつも
                義に逆らえない人なんだよなぁ。
                そして、女性の好みもかわってないねぇ(笑)。
                強く凛々しい女性がお好き?
                だからと言って決して「正義の味方」ではなくて。
                チャンバラ映画で言えば「浪人モノ」ってところか。
                ルークに出会う前のハン・ソロとチューバッカの冒険もので
                もう何作かはつくれそうな勢い。
                義務とか言いながらまた見ちゃうかもしれない。
                年齢とともに、動体視力が落ちているのか
                タイファイター相手にピュンピュン打ち合うのは苦手なんだけどなぁ。


                | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「カメラを止めるな」
                0
                  2018年7月21日 8月2日 
                  ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:上田慎一郎

                  何を書いてもネタバレになりそうで
                  何も書けなくなってしまうけど
                  今、この映画をすすめずして何をすすめる?
                  内容には触れずに書くけど、まぁ要するにみてほしい。
                  何の予備知識もなく、観るのが一番。
                  いろいろわかった上で観るのも面白いかもと思って
                  もう一度観に行ったけど、やはりその面白さはベツモノ。
                  私はギリギリのネタバレ
                  「ゾンビ映画をつくる人たちの映画」という、
                  ポスターからもわかる予備知識だけで観た一回目の
                  面白さのほうがやっぱりダントツだったわ。
                  ホラーやゾンビが苦手という人もどうか、
                  食わず嫌いせずに行ってみてほしい。
                  その手の映画が大の苦手な私が言うのだから、間違いないと思って。


                  「カメラを止めるな」は舞台で言えば「Show must go on」。
                  実際、この映画を見て三谷さんの名作舞台を思いだした人もいるだろう。
                  そういう意味では映画のワンカット撮影と舞台は似ているのかもしれない。
                  一度開幕した舞台はとめることができない。
                  セリフがぶっとんだり、小道具がみあたらなかったり。
                  舞台裏や役者の頭の中では小さな事件が起こっていても
                  いつだって、その時その時出来うる限りの最上の舞台にしたい。
                  だから演劇人は、よけいにこの映画に思い入れできるかもしれない。
                  いい映画をつくりたい。
                  沢山の映画愛とアイデアをつめこんで、監督と日暮監督、
                  そして上田慎一郎監督の姿が重なってみえてきて、
                  最後はちょっと涙すらしそうになった。
                  東京でたった2館の上映館を連日満席にした
                  この映画の伝説は、全ての映画に関わる人だけではなくて
                  演劇や音楽やいろんな創作活動に携わる人にも
                  心ときめく話だ。
                  製作費300万でこんな映画が、ってことも話題になってるけど、
                  それは沢山の人達のノーギャラと、どうかすると持ち出しに支えられてる。
                  だってそれを言うなら小劇場の世界なんて
                  さらにひとつ0の少ない予算でも
                  面白いものを作ろうと手弁当で奮闘している人たちが山ほどいるんだ。
                  その全ての人たちが、このクオリティの作品を作れるわけでもなければ
                  こんな風に報われることもないだろうけど
                  それでも私たちはとまらないのだ。



                  | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「君が君で君だ」
                  0
                    2018年7月16日 t-joy博多 監督:松居大悟

                    不思議な映画だ。
                    登場人物の誰にも共感できない。
                    むしろ、ひどい奴ばっかりなのに。
                    なんか時々たまらなく愛おしくなる。
                    そんで、また、突き放されてドン引きするの繰り返し。
                    で、最後には
                    「もういい、もういいよ。お前たちはよくやったよ。」と
                    どこか爽快感まで感じさせるという離れ業。
                    すごく仲よくて、でもどっかで踏み込まない関係性とか
                    男の子同志ならではのあの感じは松井監督のお得意分野なんだろうな。
                    去年北九州で見た舞台「くれなずめ」を思い出したよ。
                    あの時も「もう男の子って・・・ずるいなぁ」と思ったもの。

                    憧れの女の子を守るため、自分の名前を捨て、
                    彼女の好きな尾崎豊・ブラッドピット・坂本竜馬になりきって
                    10年もの間片思い、いや、ストーカー好意を続ける男3人。
                    その歪んだ愛情の行く末は・・・

                    池松君がぶっとんでる。
                    「万引き家族」のあの閉じた役も、この映画の行き過ぎた役も
                    どっちをやっても適役と思わせるのは何だろう。
                    もちろんそれがうまい、ってことなんだろうけど
                    あの二枚目すぎないところがまたいいんだろうな。
                    年齢も若くもみえるけどなんか悟ったような感じもあるし。
                    いや、褒めてますけどね、マジで。
                    キム・コッピも同じく美人すぎないのがいいんだろうな。
                    笑顔がとってもかわいいけれど、時としてすっごいブサイクにも見える。
                    実際ソンは男をダメにするくそビッチなわけだけど
                    だからこそ、それも含めて10年も追いかけちゃったんだろね。
                    自分を風俗に落として男につくすソンも
                    名前を捨ててストーカーし続ける男達も
                    究極の愛情を捧げているようで
                    実は誰も愛してなんかいない。
                    結局自分の愛したいものを愛してる自己満足。
                    似た者同志・・・
                    彼らは今度こそ誰かを愛せるのかなぁ。
                    今度こそ自分を愛せるのかなぁ。



                    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「リメンバーミー」
                    0
                      2018年4月27日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督: リー・アンクリッチ

                      メキシコの死者の日と言えば「007 スペクター」のオープニング。
                      妖艶なパーティーの客たち、
                      街じゅうが幻想的な骸骨たちで埋め尽くされる妖しい美しさ・・・
                      てか、要するにお盆だよね。死者の日って。
                      日本で言う「迎え火炊いて祖先を迎える」と同じように
                      祭壇に写真を飾って覚えていてくれる家に死者が帰って来る日。
                      この映画の死者の日は、アニメならではの美しい色のあふれる景色。
                      そして死者の国にはマリーゴールドに彩られたカラフルな街で平和に暮らす死者たち。

                      音楽好きなミゲルはギタリストを夢見ているが
                      家族は大の音楽嫌い。
                      ギターのコンテストに出ることを禁じられたミゲルは
                      伝説のギタリスト・デラクルスの霊廟にしのびこんだことから
                      死者の国に迷いこんでしまい、そこで、ガイコツのヘクターと出会う。
                      死者の国でデラクルスを探すミゲルと現世の家族に会いに行きたいヘクター。
                      ミゲルは無事に現世の家族のもとに帰れるのか・・・

                      死者たちがどこまでも陽気。
                      みんなガイコツなのにちゃんと生前の面影もうつしてて、
                      すごく表情豊かなのに驚かされる。
                      音楽も大好きなラテン系で、
                      死者を怖いものや、異世界のものではなくて
                      今とつながるもの、として描くあたりはいいなぁと思う。
                      ミゲルにとって祭壇の上の写真だけの存在だった
                      おじいさんやおばあさん達がリアルに彼を心配し、
                      彼を助けようと奮闘する姿。
                      みんなガイコツだけど(笑)。
                      ミゲルのおじいちゃんが誰なのか、
                      うまくミスリードしながら、もしかして・・・とつながっていくあたりとかも
                      とてもよくできてるわぁと。

                      でも正直言うと、家族家族ってうるさいなぁと思いながら観たのも確か。
                      人が生きた証はフリーダ・カーロのような作品を残すか
                      家族を残すかしないと残らないものなのか?
                      誰に思い出してもらえなくても、ただ普通に誠実に生きた人は
                      いくらでもいるだろうに、と意地悪な見方をしてしまう。
                      家族を大切にするメキシコの伝統的な価値観の中では
                      当たり前の前提なのかもしれないけど
                      ちょっと私にはうざかった。
                      どうせ私には思い出してくれる子や孫はいませんよ。
                      死者の国に行ったらあっという間に第二の死を迎えますよ。ふん!
                      みたいなね。
                      ひねててすみません。


                      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |