「ハスラーズ」
0
    2020年2月9日 中洲大洋 監督:ローリン・スカファリア

    予告編から想像してた痛快なクライム・ムービー、とは少し違ったな。
    お金に踊り、踊らされた女たちの少し苦い犯罪と友情の物語。
    犯罪のしかけも案外単純。
    まぁあのお決まりの「姉妹が来たわ」で入ってくる
    ゴージャス美女たちの登場シーンは
    こりゃ、やられるわ、やられてもいいわ、
    と思うかっこよさだったけど。

    ストリッパーたちの映画ということで
    ストリップ好きの私が見逃がすわけにはいかない、と思ったわけだけど
    ストリップクラブのシステムが日本のストリップとは
    全く違うものなのね。
    ジェニファー・ロペスのゴージャスボディとポールダンスは眼福。
    50才?撮影の時はギリ40代?
    どっちにしても憧れ、尊敬、あがめたい身体。
    そして他のストリッパーたちも堂々たる姿が美しい。
    いろんな体型、民族、肌の色。
    まさにみんな違って、みんないい。
    ちゃんと自分の美しさ、セクシーさを知ってる女たち。
    女の友情という意味ではちょっと苦い後味の映画。
    お金でつながってるようにもみえるけど
    一番楽しい時代、楽しい経験を共有した仲間への思いいれってことだもの。
    それが女にとっては、
    買い物だったりゴージャスなプレゼント合戦だったりするところが
    苦さ・哀しさだったりはするけれど
    そこに何もない、とは言い切れないなぁ、私には。





    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:51 | comments(0) | - | - | - |
    「パラサイト 半地下の家族」
    0
      2020年1月16日 中洲大洋 監督:ポン・ジュノ

      なんとも言えない匂い、と肌触り。
      韓国特有の食べ物の匂い、下水の匂い、雨の匂い、雨上がりの芝生の匂い、血の匂い。
      そして、ぞわぞわ、ざらざらとした肌触り。
      雨に濡れて張り付く衣服の感覚や、何かに背筋をかすめられたようなぞわりとした感触。
      昔、韓国の空港についたらキムチの匂いがすると言ったら
      韓国人の知人から日本の空港は味噌汁の匂いがすると返された。
      半地下の匂い、貧乏人の匂いがあるとすれば
      金持ちの匂いってのもするのだろうか。
      それはいい匂いなんだろうか?

      前評判どおり、面白い映画だった。
      前半、「え、そんなにとんとん拍子にうまくいくの?」とか
      この家族、実はそれぞれちゃんと経験や実力あるのになんであんな生活をしてたの?
      とかひっかかる部分もあった。
      でも後半、ほんとのパラサイト家族の登場に驚き、
      もうそんなんどうでもいいか、と思ったあたりに
      台湾カステラの失敗の話で急に納得がいく。
      一度失敗したものを許してくれない、はいあがらせてくれない社会。
      今の日本もそうだけど、
      お金でも権力でも、一度何かを手にした人は決して手放さない。
      逆に言うと一度失った人はずっと手にできない、格差は広がるばかり。
      だから一瞬明るい陽射しの中の家族を見せてくれるラストがよけいに絶望的で。
      決して後味のいい映画じゃないんだけどねぇ。
      これが現実。


      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 15:26 | comments(0) | - | - | - |
      「ジョジョ・ラビット」
      0
        2020年1月18日 サロンシネマ 監督:タイカ・ワイティティ

        いや、参った。
        まだ1月なのに今年ベストワンクラスの映画が続くよ。
        子どもがかわいいが売りの映画かと思ったらとんでもない。
        もちろんジョジョはとてもかわいいけれど、
        かわいくて、いたいたしくて、
        それでも生きていく彼らの希望が確かにあって。

        ナチズムやホロコーストに関する映画はほんとに
        今でも絶え間なくつくられていて
        その切り口もまだまだ「こうきたかー」ってものも沢山あって。
        映画がエンタテインメントとして成立しつつ
        「歴史」を映すものであるとこがほんと豊かだなぁと思う。
        いや、邦画の表現が貧しすぎるのかもしれないな。
        特に戦争を扱うものに関しては。

        10才の少年ジョジョは
        ヒトラー親衛隊に憧れて、
        いつも心の中の「親友:ヒトラー」と会話している。
        当時のドイツの少年にとっては
        強いヒトラー、強いドイツ兵に憧れるのは当たり前のこと。
        そのジョジョが、自分の母親が自宅のかくし部屋に匿ったユダヤ人の少女と出会い、
        彼らが忌み嫌ってきたユダヤ人が悪魔のような異人種ではなく
        「人間」であり「友人」であるという
        これまた当たり前のことに気付いていく物語。

        ちょっと皮肉屋のユダヤ人少女、
        酔いちくれで人間味あふれるナチの将校、
        と彼をとりまく人物がとてもいいのだけれど
        やはり母親。
        いつも明るくて綺麗で
        正義を貫く強さがあって
        でも決して息子にそこを押し付けずに見守る優しさ。
        父と母の一人二役シーンは切なくて切なくて泣ける。
        そして彼女がいつもオシャレで美しいゆえのあの「靴」の残酷さ・・・

        この監督の色使い、衣装や小道具のセンスも大好き。
        ウェス・アンダーソンの映画に似てるな、と思った街の色合い。
        ジョジョとエルサの描く絵。
        大尉が身に着ける奇妙な衣装。
        戦争映画を暗く重く描かないユーモアとアイロニー。
        ジョジョの妄想の中ではヒトラーにさえも愛嬌を感じる。
        そして、ラストシーンの二人のダンス。
        ニヤニヤしながら目からは滂沱の涙。


        | 立石 義江 | 映画観る日々 | 14:51 | comments(0) | - | - | - |
        「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
        0
          2020年1月13日 ユナイテッドシネマももち 監督:J.J.エイブラムス

          昔からのマニアックなファンも、にわかファンも含めての賛否両論。
          そりゃあ、何十年にもわたる、半ば神格化された物語のラスト。
          マニアではないけれど、リアルタイムにたどってきた映画ファンとして
          私も観ないわけにはいかないでしょ。
          というわけでかなり封切りから遅れながらも観てきたわけです。

          いや、結論としてはうまく終わらせたな、というところでしょうか。
          暗黒面との間に揺れ動いたフォースの力も最後は正義に力を発揮し、
          一人はみんなの為に、みんなは一人の為に戦い、
          正義の戦いには必ず共感してくれる同志が現れる。
          しかも、その端々に歴代の戦士たちが現れ、様々な形で助けてくれる。
          スターウォーズの王道が貫かれた大団円には満足した。

          が、つっこみどころは多々あるよね。
          私が一番気になったのはこの世界観の中での
          「生と死」の定義かな。
          フォースの力は傷を癒し、
          人を生き返らせることまでできるようになったの?
          死んだはずのルークが、レイに示唆を与えるだけならともかく
          水中からX-ウイングまで浮かび上がらせちゃうのずるくない?
          とかそういうあたり。
          あと、パルパティーンを倒すところのビーム合戦みたいなの、
          あれ、面白いの?
          フォースを持つジェダイの戦士として、
          あんなにチャンバラも訓練してたのはなんだったんでしょう?
          とか考えてしまうのは、私があまのじゃくすぎるのかしら?

          ネットではラストシーンの唐突な女性同士のキスとかもつっこまれてたみたい。
          これだけのシリーズだもの、何やったって突っ込まれるのはしょうがないよね。
          ネット評といえば、「ローグワン」が高く評価されてるのをみかけたのは私も納得。
          「フォースの力」が万能で特別なものになればなるほど、
          フォースに頼らず自らの力で闘った者たちが愛しくなるってもんだ。
          単にドニー・イェンのインパクトが強かったからっつーのもあるけどね。





          | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:32 | comments(0) | - | - | - |
          「ダウントン・アビー」
          0
            2020年1月12日 ユナイテッドシネマももち 監督:マイケル・エングラー

            予備知識ゼロ。
            いや、人気のテレビシリーズの映画化だってことは知ってたけど
            ダウントン・アビーが人名だと思いこんでたくらいで
            あのお屋敷っつーか城?の名前だとか
            貴族のお話だとか全然わかってなかったよ。
            さすがに予習しといたほうがいいのかなぁと思って
            10分くらいの登場人物説明の予告編みたいなのみたけど
            人数が多くて結局誰が誰だか把握しきれないまま映画鑑賞。
            そんな状態でも十分の楽しめたのは群像劇としての脚本が上手なんだろうなぁ。
            前半は「あれ?これ誰だっけ?」となることもあったけど
            最後はあれだけの数の登場人物それぞれがおさまるところにちゃんとおさまるあと味のよさ。
            だてに長く続いたシリーズじゃないねぇ。

            1920年代のイギリスの貴族と王家。
            中世のお話ならともかく、
            近代でも「王」や「貴族」に関するこの特別な思い入れは
            やっぱりイギリスならではの歴史や文化と切り離せないんだろな。
            正直私にはちょっと鼻につく部分もあった。
            でも、このシリーズが人気あるのはよくわかるな。
            衣装や調度もゴージャスで目にうれしい。
            そして、若いメイドから貴族のおばあちゃんまで
            女性が皆強くて、前向き。
            イギリスでもまだ完全な女性参政権が実現するかどうか、
            という時代だったことを考えると、
            自分の意志をしっかり持った女性たちは先進的で魅力的。
            昔から「女王」の国だったイギリスだから、
            むしろ市民より貴族の世界の方が女性の権利が確立していたのかもしれないなぁ。




            | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:32 | comments(0) | - | - | - |
            「ボーダー ふたつの世界」
            0
              2019年11月11日 KBCシネマ 監督:アリ・アッバシ

              なんのジャンルの映画と言ったらいいんだろう?
              同じ題材をアニメでつくればファンタジーになったのかもしれないけれど、
              現実の厳しい事件もからめているところを観ると
              あくまでも、リアルな世界のものとして描きたかったようだ。
              ホラーのようでもあるけど、別に怖がらせようとして
              つくったわけでもなさそうだ。

              なんかとんでもないものを観てしまったなーという、あと味。
              つまらない、とか観なければよかった、とかではないんだけど
              観てはいけないものを観てしまった―、みたいな。
              それ自体が、この監督の思うツボってことなのか。
              善悪とか、美醜とか、本能と理性。
              既成の概念を捨てたところで
              「人」ってなんだ?と問われる。
              いや「人」であることが正義であるとも限らない。
              彼女の選んだ「愛」と「正義」を信じたい。


              | 立石 義江 | 映画観る日々 | 20:19 | comments(0) | - | - | - |
              「リンドグレーン」
              0
                2020年1月10日 ユナイテッドシネマCC13 監督:

                「チョラホプチョー ララララ チョラホプサンサ」
                キャロライン洋子の歌う「長靴下のピッピ」のテーマは今でもくちずさめる、
                子どもの頃大好きだったドラマシリーズ。
                でもよく考えたら本は読んだことなかったし、ましてやリンドグレーン自身のことは
                なんにも知らなかったな。
                1920年代、スウェーデンは比較的早くに女性参政権も確立した進歩的な国。
                とはいえ、当時、女性が自立した生活を送ること、
                ましてや未婚で子どもを産み育てること、
                どれだけ困難なことだったか。
                その状況で彼女が折れずに戦った中で生まれたから
                彼女の描くキャラクター達は強く賢いんだな。

                17歳でまだあどけなかった彼女が
                新聞社での職を得て、
                モダンな働く女性をめざし、
                上司に恋をしていく。
                女の失敗を女で癒そうとする
                そいつは典型的なダメンズよ、そっちにいってはだめよ、
                なフラグがたちまくってるにも関わらず、
                女になっていく彼女が生々しくも確かに美しい。
                皮肉だねぇ。




                | 立石 義江 | 映画観る日々 | 07:03 | comments(0) | - | - | - |
                「ガーンジー島の読書会の秘密」
                0
                  2019年10月25日 KBCシネマ 監督:マイク・ニューウェル

                  一冊の本と手紙から始まる運命の出会い。
                  それだけ書くとなんだかメロメロにロマンチックなお話のようだけど、
                  歴史の苦さや哀しさもからめた大人のロマンス。

                  舞台は第二次世界大戦の直後、戦争の痛手から復興しつつあるイギリス。
                  新進女性作家のジュリエットのもとに、
                  古本屋で彼女の署名と住所の入った本を手に入れたという男性からの手紙が届く。
                  彼の手紙につづられた小さな島での奇妙な名前の読書会「」に心魅かれた彼女はガーンジー島へと取材の旅にでかけていく。
                  ガーンジー島の美しい緑。
                  本屋のない小さな島で読書会に集う人々。
                  長閑にみえる島の生活にもナチスに占領されていた戦時中の影は落ちていて、
                  読書会の創始者であるエリザベスの姿がみえない理由もどうやらそこにあるらしい。
                  ジュリエットはその謎にせまっていく、と同時に
                  手紙をくれた青年ドーシーに心魅かれていく。

                  この養豚家の青年ドーシーの優しい瞳がむっちゃ好みで
                  かわいそうだけどロンドンに置いてきた婚約者のマークは勝ち目ないな、
                  とは最初っから思っていた。
                  マークはお金持ちで育ちもいいらしく、優しくて憎めないいい男なのに
                  そういう問題ではないところが恋愛の難しいところだよね。
                  指輪も買って両親への挨拶もすませたあとでふられた男が
                  友人にいるけど、そいつも優しくていい人だったもの。
                  ただ「運命の人」には勝てなかっただけで。
                  というか、手紙のやりとりをしている時点で「運命の人」フラグ立ってるもんな。
                  私は手紙を書くのは苦手だけれど、そういう「言葉の力」は信じている。
                  SNSで発信される短い言葉にもちゃんとその人の知性とか考えとか感じられると。
                  まぁ私の場合はそこで運命の人に出会うことはなく、もっぱら映画や芝居の好みのあう人を探すばかりではあるけれど。

                  戦争の悲劇が、直接的で残酷な描写ははないのに
                  残された人々の哀しみの大きさからじんわりとしみてくる。
                  戦中の厳しい状況でも「人としての正しさ」を貫こうとしたエリザベスの強い瞳。
                  戦後を生きていくジュリエットの自分らしさを貫く知的な瞳。
                  ふたりの女性の瞳の力が印象に残る映画だった。

                  | 立石 義江 | 映画観る日々 | 16:32 | comments(0) | - | - | - |
                  「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」
                  0
                    「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」
                    2020年1月9日 ユナイテッドシネマCC13 監督:ジョナサン・レビン

                    サブタイトル通り、ありえない。
                    才色兼備な大統領候補の女性と冴えないジャーナリストの恋。
                    いや、女性大統領は実現してほしいところだけど、
                    とにかくシャーリーズ・セロンの美しさが完璧すぎて
                    知性も地位も人望もなにもかも持っていて
                    こんなひげもじゃのダサい男と恋するわけがない。
                    しかも自分の進退かけるわけがない。
                    なんて、野暮なことは言いっこなしよ。
                    所詮恋愛はファンタジー。
                    下ネタ多めなところも
                    ちょっと斜めに皮肉きいてるところも含めて
                    大人の恋愛ファンタジーとして、とても楽しめる映画だった。

                    とにかくシャーリーズ・セロンが可愛い。
                    「マッド・マックス」とか「アトミック・ブロンド」とか
                    完璧な美ゆえに、
                    どちらかというと哀しみや冷たさを秘めたクール・ビューティーだった
                    彼女のコメディエンヌっぷり。
                    ちょっとマリリン・モンローを思い出しちゃったわ。
                    セクシーさの路線も切れ味もまるで違うんだけど。

                    仕事での成功や、理想や正義の実現。
                    大切なこと、達成したいことは沢山あるけど
                    人は愛したいし、愛されたい。
                    そのために一歩踏み出すこと、ちゃんと言葉にすること。
                    当たり前のことだけど
                    ストレートにそれを感じさせてくれる
                    アメリカらしい映画であと味がとてもよい。


                    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 20:52 | comments(0) | - | - | - |
                    「2019年 この10本 映画編」
                    0
                      2019年の映画鑑賞本数は、66本。
                      1本2本しか見ていない月もあって、
                      減ったと思ってたら2018年は58本だったから増えてるねぇ。

                      「女王陛下のお気に入り」
                       昨年も「聖なる鹿殺し」をいれてる。この監督の悪趣味だけど目が離せない感じ好き。
                      「洗骨」照屋年之
                       正直全然期待してなかったので思わぬ伏兵という意味でランクイン。なめててごめんなさい。
                      「ビリーブ」「最強の85才 RGB」
                       この2本は無理矢理ニコイチで。女性の未来を切り開いてくれて先輩たち、本当にありがとう。
                      「We are little zonbies」
                      クールで乾いた今どきの子ども、でもやっぱり子ども。生きよ、進めよ。
                      「主戦場」
                       ドキュメンタリーなのにエンタメ。素直な疑問が解けていく。
                      「COLD WAR あの歌 ふたつの心」
                       冷戦に振り回され、引き裂かれた男と女。時代のきりとり方がお上手。
                      「火口のふたり」
                       自分の中にくすぶる火。性欲と食欲はなくしたくないねぇ。
                      「ワンス アポンア タイム イン ハリウッド」
                      若い時の彼らをみて年齢と共にこんなにいい男になるとは正直思っていなかったよ。
                      ブラピもレオも。
                      「イエスタデイ」
                       この世界がビートルズのいる世界でよかった。
                      「ガーンジー島の読書会の秘密」
                      本好きな子どもだった自分にはたまらない。読む本、書く文章、そこにその人がいる。

                      次点としては2018年公開だけどの「クレイジーリッチ」。
                      あたりかな。



                      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 07:00 | comments(0) | - | - | - |