またひとつ灯がきえる
0
    2017年1月14日 TSミュージック

    今年はストリップ70周年の記念すべき年らしい。
    なのに、ひとつ、またひとつとストリップ小屋の灯は消えていく。
    新しい劇場どころか移転やオーナー交代さえ難しい風営法のもと
    このままではストリップという大衆芸能は消えていくしかないらしい・・・
    今年は既に1月末で広島第一劇場、1月15日で新宿のTSミュージックと
    閉館が決まっているってことで、はるばる行ってきました。
    もちろん、これだけが目当てなわけじゃなくて、
    東京行く目的はいろいろあるわけだけど、
    行ったこともない劇場の閉館を嘆くより、
    せめて一度でも足を運んでこの目で見たほうがいいなってのが信条で。
    それで、昨年は広島にも2回も行っちゃったんだけどね。

    TSミュージック閉館1日前、常連さんやかつてのファンでいっぱいの劇場に
    私のような一見さんが来るのも申し訳ないかなと思いつつ楽しんだ。
    初めての小屋、空港から直行で荷物も多しでおろおろしてたら、
    荷物ここ置きと言ってくれるおっちゃん、
    お目当の踊り子さんだけ見たらいいからここに座っときというおっちゃん。
    すっごい朝早くから並んでゲットした席だろうに。
    みんな優しい。
    ポラ撮影に並ぶ人たちの通路も確保できないぎゅうづめ状態、
    せめてもの通路確保にとポラの間、外で待ってたら
    寒そうですねとホッカイロ渡してくれたおっちゃんも。
    一旦階段降りてったからわざわざ買って来てくれた?
    外に案内で立ってるスタッフも、
    近くのコンビニ教えてくれたり、記念の写真撮ってくれたり。
    こんなに心優しい人たちに支えられた劇場がラストを迎えてしまうなんて・・・
    思うにストリップを愛する男たちは
    踊り子さんをすごくリスペクトしていて
    その気持ちが私たち一般女性客にもでてるのではないかしら?

    もちろん踊り子さん達もお客さんたちの愛とリスペクトに応えての熱演。
    TSミュージック、初めてだったけど
    A級小倉以上に小さな劇場。
    カラフルに照明に彩られた小さな舞台。
    幅1m程度の花道は踊り子さんが斜めにしか横になれず
    それでも盆もないので
    姐さんたちは器用に着物やドレスの裾をさっとひいたり
    美しい足技で四方のお客さんにアピールしたり。
    花道の中ほどでフープを使うアゲハさんの演目に
    お客さんにあたらないのかとハラハラするほど。
    栗鳥巣さんと京はるな、渚あおいトリオの
    キンブレ演目はあいかわらず女性ファンも多くもりあがっておりました。
    お初にお目にかかった目黒あいらさんのキレキレのダンスも素敵だったし
    虹歩さんの艶のある踊りも好き。
    でもやっぱりアゲハさんのたまごが
    ちょっと不思議ちゃんの彼女のキャラにもとても合ってて
    一番好きだったかなー。
    あとは、虹歩さんとアゲハさんのチームショーという
    レアなものも見せてもらいました。
    鳥姐さんたちのあけっぴろげなエロさとは
    また別な湿り気のある女同志のエロス。
    そして、アゲハさんは舞台に足がついている時よりも
    空中にいる時のほうが生き生きとしている(笑)。
    やっぱりあの人天使なんだわー。







    | 立石 義江 | 観る日々 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:49 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1001