「ムーンライト」
0

    2017年4月6日 中洲大洋 監督:バリー・ジェンキンス

    マイアミのスラムに住む貧しい黒人の少年シャロン。
    学校ではいじめられ、ヤク中の母には拒まれた孤独な少年が
    自分でも説明のつかぬ同性の友人ケヴィンへの思いに戸惑いながら成長していく。

    少年期の「リトル」、ティーンエイジャーになった「シャロン」、
    そして成年した「ブラック」。
    それぞれの時代を3人の俳優が演じる。
    顔立ちも体つきも違ってて、
    特に筋肉ムキムキの大人になったブラックは
    あのリトルやシャロンとは別人じゃないの?と驚くが
    目が、というか視線が同じでもう一度驚く。
    あのはにかみともあきらめとも何とも言えない
    哀しみをたたえた視線が同じ。

    「月の光の中でお前は青く輝く」
    売人のボスのファンはこの孤独な少年を
    かわいがり、子供の頃に言われた言葉を少年に伝える。
    「お前の生き方はお前が決めろ」とも。
    シャロンにとって、父のようなこのファンの存在感。
    ファンは多分シャロンがハイスクールに入った頃に亡くなってるのだが
    彼の言葉はシャロンに影響を与え続ける。
    高校生になった彼が起こした事件も
    その後の彼の生き方も
    母を赦す優しい心も
    ケヴィンへの思いを大切に秘めてきた彼の一途さも
    その弱さも強さも、月の光のように彼が導いてきたような。

    マイアミの風景は、
    私が今まで映画やドラマで見てきた華やかな印象はなく
    月明りに照らされた静かなビーチと青く照らされた少年の姿、
    街のネオンに照らされた母親の姿だけが心に残った。
    映画を見たその足でうちの近くのビーチへ行きたかったが
    春の夜風はまだまだ冷たかった。
    いつか月のきれいな夜に
    マイアミには遠く及ばない小さな浜で
    あの立ち尽くす小さな少年の姿を思い浮かべよう。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:47 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1050