シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛(やじきた)」
0
    2017年6月8日 中洲大洋

    どこまでもドリフ。
    歌舞伎役者でドリフのコントをやったらこうなるの?
    いや、もしかしてドリフのコントの面白さが
    もともと歌舞伎っぽかったのか?
    そういえば、回り舞台だの、屋台崩しだの
    歌舞伎並みの豪華セットだったしなぁ。

    とにかく、まぁ、主演の染五郎・猿之助コンビが
    とことん三枚目っぷりを見せ
    右近ちゃんも獅童君も楽しそうにふざけ倒す。
    冒頭の歌舞伎座での2人のアルバイト(笑)シーンでは
    セルフパロディのように失敗だらけの吉野山を見せるかと思えば
    染五郎・猿之助の連獅子なんてなかなか贅沢なシーンもあり。
    構成はあの木下歌舞伎の杉原さんみたいだけど
    脚本は別の人で、演出は猿之助。
    でもあのラップの登場人物紹介はやっぱり杉原さんっぽい。
    お伊勢参りのはずがいつの間にラスベガスへ、って
    ぶっとんでるけど、案外当時のお伊勢参りって
    地元をでて羽目をはずして遊ぶ目的もあったようだから、
    ベガスへ行くみたいな意味合いはあっただろうしね。

    それにしても、「ワンピース」の時にも思ったけれど
    歌舞伎の女形は和服を着れば美しいのに
    洋服だと身体のゴツさが目立ってしまってどうにもいただけない。
    逆に言えば、いかに彼らが和服の所作にたけているか。
    いかに和服が体型をカバーして女性を美しく見せてくれてるか。
    ってことなんでしょうね。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:30 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1053