「バンコク・ナイツ」
0
    2017年4月13日 KBCシネマ 監督:富田克也

    タイというのは不思議な国だ。
    敬虔な仏教徒の国、聖なるものを大事にすると同時に
    観光客相手の風俗店やコピー商品もあふれる俗っぽい国。
    聖も俗ものみこむ包容力は、ある意味その信心深さや
    慈愛の深さからくるものかもしれないけれど。
    そのタイと光と闇がいっぱいにつまった映画。
    バンコク随一の風俗街タニヤのNO.1ホステス・ラックと
    元自衛隊員でバンコクに沈没しているオザワの
    恋愛ものであり、ロードムービー。
    バンコクに沈没したダメンズな男達の企みの合間に
    ちりばめられた景色。
    疾走する三輪タクシーから見るきらびやかなバンコクの夜。
    煌々と照らされた熱帯魚の水槽のようなタニヤの女たちのひな段。
    タイの田舎の漆黒の闇。
    得度式の行列のお祭りのようなにぎやかさ。
    ラオスの野原にあく爆撃跡の大きな穴の生々しさ。

    タイの女性のたくましさが心に残る。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:16 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1056