「純心そわれ」
0
    2017年7月7日 Bar Sirocco

    中村雪絵、満を持しての上京前の雪絵まつり。
    いや、ちゃんと落語も芝居もやってましたけど
    ある意味、雪絵を愛する人たちが企画し
    雪絵を愛する人たちが観客として集う
    雪絵壮行会。
    終始、和やかであたたかい空気の流れる居心地いい会場。
    あんなにバッドエンドな話ばかりなのにね。

    まずは「落語」棒鱈。
    こないだ寝過ごしでソネス落語で聞き損ねたのできけてよかったわ。
    雪絵ちゃんらしい顔芸や唄をつめこんで
    熱演しすぎて着物のすそが乱れちゃうのもご愛嬌。
    「臆病な王子様」
    熊本のベテラン劇団きららの池田さんの脚本を
    若い女の子たちが全力で。
    もちろん雪絵ちゃんが中心にいるんだけど
    その全力故にどこかすがすがしい作品に。
    その分、せつなさ感がちょっと弱まったかなぁ。
    「ハンドメイド」
    劇団ぎゃの芝居の中でも大好きな作品だったので
    最後にこれが見られたのは本当によかったな。
    てか、私はこの手のブラックファンタジーの脚本が
    一番中村雪絵らしいと思ってる。
    溢れる毒とちょっとの色気。
    こちらは、逆にベテランが魅せてくれたね。
    三原氏のぶあいそ顔は魅力的。
    出番は少ないけど、クールビューティーな木村加南子も
    ダンス担当冨田文子もおいしいね。カメオ出演的な。
    なにより木内さんの場をつくる力、そしてこのために
    来福してくれた贅沢感素敵。
    「成長記録」
    脚本家として一番はまるのが「ハンドメイド」なら
    役者としての雪絵ちゃんのはまり役はこちらかな。
    シャイで臆病でそのくせ自意識過剰。
    ん?これは?もしかして?と思わせてからの
    ラストシーンがちょっと唐突な気がするが
    まぁそのブラックさも含めて雪絵節。
    個人的にはマイクゥのキャラがお気に入り。
    あと、男の子の役をやっていたせいか
    さきよちゃんが大好きなコロさんに似てて
    ちょっとときめく。




    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:46 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1060