「髑髏城の七人 SEASON花 ライブビューイング」
0
    2017年5月15日 t-joy博多 

    アカドクロ、アオドクロ、ワカドクロと
    ゲキシネでは何度みたか知れない「髑髏城の七人」。
    新しい劇場での花ドクロ、ライブビューイング。
    よく考えたら、これ、すごいことだ。
    もともと舞台って、舞台上の役者が
    生身で、今、演じていることを
    その場で、たくさんの人と、共有する場所。
    カメラを通してるとは言え、やっぱりこれはライブ。
    さらに全国で一斉にこの作品を見てる人がいるってなんか感慨深いよねぇ。
    さらに、すごいことに、ライブなのにすばらしいカメラワーク。
    何度もゲキシネで見てきた作品だから
    何の違和感もなく見てたけど、よく考えたらすごいことだよね。
    あれだけのスピード感ある舞台をまるで映像作品のように
    観たいところをちゃんと見せてくれるカメラ。
    いい仕事するよねぇ。

    今回の髑髏城の目玉はなんといっても
    「シアターアラウンド」という新しい舞台の仕組み。
    舞台がまわらずに客席がまわる、という。
    正直、映像で見てても普通に舞台がまわっているように見えて
    ちっともそのすごさがわからなかったけど、
    カーテンコールの映像でようやくそういうことかと思った。
    確かに通常の回り舞台よりもさらにテンポよく
    疾走感ある舞台転換だよな、とは思ったけど。
    これ、役者さんの運動量ハンパないよねー。
    その分舞台の奥行がなさそうなのがどう見えるのかは
    映像ではさほど気にならなかったけど、
    もしかしたら殺陣のシーンの面白さとかは
    従来の舞台のほうがいいのかもしれない。
    何しろ、新感線の舞台での殺陣はメインだけじゃなくて
    周りや奥も含めてどこ見ていいかわかんないから。

    と、なんか劇場のことばかり気にして見てしまったが
    お話は、名作「髑髏城」で間違いなし。
    小栗君の捨之介も安定感あり。
    特筆すべきは成河:天魔王の狂気と古田新:雁鉄斎のやりたい放題か。
    しかし、よく考えたら生の髑髏城は
    97年の大野城しか見てはいないんだな。
    そのせいかあのバージョンが一番好き。
    古田さんがもう一度捨之介をやってくれるなら
    大枚はたいても観に行くなー、ステージアラウンド。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:39 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1062