「トレインスポッティング2」
0
    2017年5月10日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:ダニー・ボイル

    20年ぶりの続編って待たせすぎじゃない?って思うけど
    20年たったからこその映画になってて、
    映像も彼らの人生もあの頃のままの疾走感。
    いや、失墜感というべきか。
    20年たって走り続けながらも
    どこか行きつく先が見えてきたような。
    時の流れに抗いながらもどこかにつきまとう哀愁・・・
    まぁ、それを言うなら前作にも哀愁は漂ってたよね。
    何というか大英帝国という国の影の部分。

    前作好きには楽しいと思う。
    そういう自分は、前作見て「うわ、かっっちょいい」と思った記憶はあるけど
    それぞれのキャラとかすっかり忘れてて
    劇場で観る前にDVDで前作確認したよ。
    前の内容を知らなくても映画としては成立するんだろうけど
    やっぱり、見ていてよかったよ。
    あのスパッドのいい奴なのにグダグダな感じとか
    ベグビーの暴走するとどうしようもない感じとか
    レントンの四角い部屋の壁や
    トミーと行った荒涼とした景色も
    一旦思い出しといてよかった。
    何よりもラストのあのヤラレタ!でもなぜかニヤリ!
    って感じを楽しむためにはね。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:22 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1064