「グレイト・ギャツビー」
0
    2017年7月22日 博多座

    数年前のデカプリオの映画「ギャツビー」が偉く気に入ってしまった
    お母ちゃんのたっての希望で観劇。
    何しろ80年生きてきて、初めて買ったDVDだもの。
    デカプリオファン、というわけじゃなく
    あの時代の空気や華やかな衣装がたまらんそうだ。
    今回のミュージカル観劇でも
    一番のお気に入りはちょっと退廃の匂いのする
    パーティーでのタンゴのシーンらしい。
    私はといえば、実は映画も含めてあまり共感できるストーリーじゃないのよね。
    純愛というには、屈折したギャツビーの思いと
    結局どこにも踏み出せないデイジーにイライラ。
    しかもこのミュージカル版では
    娘を「女の子だから、きれいなおばかさんに育てるの」と言い切ってしまう。
    まるで自分はもう、きれいなおばかさんには戻れないみたいな言い方してるけど
    結局、きれいなおばかさんじゃないか。

    ミュージカルは苦手、と言いながら
    ダンスのシーンはとても好き。
    歌は・・・これは「ピカイチ」観た時も思ったんだけど
    どうやら歌詞を聞き取りながら聴くのが苦手みたい。
    冒頭とラストに繰り返されるプールのシーンは
    とても舞台らしい表現で、哀しいけれど美しかった。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:54 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1071