スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ホームの力
    0
      「月光亭落語会 第9回 新春!ワンダーウーマン☆ケン参の巻」
      波乱の幕開けでしたが、なんとか無事に終演いたしました。
      ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
      ここ数年、毎年1-2月、新年の恒例行事となっております月光亭落語会も
      とうとう10回め(第0回お試しの巻があったので)。
      たくさんの方にご来場いただき、応援していただいて
      ここまで続けてこれたこと本当に感謝です。
      なんて、やけに改まったご挨拶をしたくなるのも
      今回改めてこの場所で続けてこられたことの力、みたいなものを感じたから。

      ハプニングの多かった初日。
      その驚きのいろいろを全て一緒に笑い飛ばしてくれたお客様。
      そのハプニングの話をさっそく枕にとりいれながらの二日目も
      無事でよかったねと声をかけてくれる温かいお客様。
      しょっぱなのご挨拶で「月光亭を始めて聞く人―?」って尋ねるのを恒例にしてるのですが、
      今回も毎回3-4割は初対面のお客様。
      にもかかわらず、この冷泉荘での落語会には「やっぱりここがホーム!」な
      安心感溢れる空気が流れてる。
      客観的にみると、実は白くて四角い冷泉荘のニコイチスペースは
      ともすると冷たい空間になる場所。
      実際、ギャラリーとして使っている時なんかは
      クールな空間にも見える場所なのに
      あのアットホーム感はなんなんだろう、なんて改めて考えてしまった。
      私たちが冷泉荘関係者にもかわいがっていただきながら重ねてきた回数なのか、
      残り6-7割のベテラン(?)タニマチーズが、初めての方をひっぱってくださるからか
      はたまた、古典落語という誰からも愛されるテキストの強さか。
      とにかく、どの顔もすごく温かく私たちを見守ってくれる。
      高座から見えるお客さんの笑顔、
      こちら側からの風景を皆さんにもおすそ分けした気分になった
      幸せな時間でした。
      お客様と出会えてよかったー、落語に出会えてよかったーはもちろん
      今回はこの冷泉荘とも出会えてよかったーなんて、つくづくと。
      9年目になる月光亭落語会、今年もどうぞ皆様ご贔屓に。


      | 立石 義江 | 役者の日々 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:27 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。