スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ぐにゃり「アクアリウム」
    0
      2018年1月20日 箱崎水族館喫茶室

      お魚とサラリーマンとの会話劇、とはチラシにも書いてましたが
      まさかの・・・・かぶってました、お魚。
      重いよね。不自由だよね。ご苦労お察しいたします(笑)。
      この日は体調万全ではなくて、眠くなるかもなんて心配したたんだけど
      ふんわり、独特の時間が流れるさちん流ファンタジー。
      長い短いとか、眠くなるとかを超えた時間の流れ。
      だってここは水の中だからね。
      会場が「箱崎水族館」だってのも面白いね。
      いや、まぁ普通に喫茶店な店内なわけだけど、やっぱり水族館だし。

      仕事に一段落ついたらしきサラリーマン。
      さっさと家に帰ればいいものを、学生時代に初デートをした水族館にあらわれ
      古株のコブダイとたわいもないおしゃべりをする・・・
      のんびり水槽の中を泳いで、えさももらえて魚になったら楽かしら?
      なんて考えるのは人間の常なんだろうな。
      私もよくネコになりたい、とか、パンダになりたいとか思うもの。
      かわいくごろごろしてたらおまんまもらえる動物に。
      でも、自分を巡って雄同志が闘ったり、自分自身が雄に性転換したり。
      魚の一生は、人間が考える以上に波乱万丈のよう。
      魚になった夢をみた男は目覚めたら、妻と子が待つ現実へ帰っていく。

      個人的にはもっと怖い後味残してくれても好きだったかしら。
      水槽をはさんで会話していたはずの魚に手をつかまれる瞬間とか
      境界線を越えて水槽に入り込む瞬間とか
      もう少しドキリとさせてほしかったよな。
      せっかくお魚さんのビジュアルもリアルでちょっと怖い感じだったし。
      無機質に人形で登場した妻と子も少し怖かったし。
      「魅せられて」にはうけたわー。
      どうせならラストも鼻歌で歌いながら去ってほしかったくらい。
      あ、それじゃ、怖いほうじゃなくてコミカルなほうになっちゃうか。


      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:43 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。