劇団Hall Brothers 「となりの田中さん」
0
    2018年2月2日 ぽんプラザホール

    見事な2階建のセット。
    同じアパート、同じつくりの4つの部屋が上下左右に並んでいる。
    ひとつの空間が、いろんな空間にみえるのもエンゲキの面白さなら
    目の前の4つの空間が同時に見えることで現れるものもエンゲキの面白さ。
    ましてや4世帯とも住人の苗字は田中さん。
    「同じ田中なのに」とつい比較したくなるのは人の常。
    同じつくりのそれぞれの部屋のインテリアの違いとかもよくできてんのよねー。
    比較すればするほどわからなくなる「ふつう」って何?
    自分の「ふつう」を押しつけあう人々のいやらしさ。
    自分の「ふつう」を見つけられない人の生きにくさ。


    九州戯曲賞をとった戯曲の再再演。
    私も3回めの観劇。
    たぶん初演時は作家の幸田さんが、
    キャスティングを考えながらあて書きしたんだろうなと思う。
    で、3度目の今回はかなりキャスティングをかえて。
    とは言え、幸田さんと萩原あやちゃんは同じ役。
    さすがに鉄板のこのあて書きだけは他の役者にはまかせられぬというところか。
    幸田さんは自分へのあて書きが上手だなと改めて思った。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:57 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1137