スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「キングスマン ゴールデンサークル」
    0
      2018年2月19日 t-joy博多 監督:マシュー・ヴォーン

      バグパイプで演奏される「カントリーロード」で開幕。
      アメリカの田舎の歌とアイルランドの楽器。
      郷愁を誘うメロディと音色は不思議と違和感がない。
      いや、スーツの似合う英国紳士とアメリカのカウボーイのタッグは違和感バリバリだけど。

      相変わらず趣味が悪い。
      悪役の悪だくみのいろいろも
      アクションシーンでのエグさ加減も相変わらず下品。
      いや、褒め言葉というか、そこがいいとこなんだけど。
      上品で礼儀正しい英国紳士が
      アクションシーンですらスーツで決めてるのに。。。
      というギャップがね。
      あと、音楽にも騙される。
      冒頭のカーアクションのシーンからGo!Go!Let's Go!ってのりのりになっちゃったけど
      よく考えたらいきなり主役の危機ではないか。
      なのに、Let’sGo!Crazy!とこぶしあげたくなっちゃうんだよ。
      どうかしてるわ。

      死んだはずのコリン・ファースのスーツ姿が見られて嬉しかったけど
      やっぱり今回のツボはマーリンのカントリーロードでしょう。
      去年自分が出演した芝居の「海が降った夏」、
      「ローガン・ラッキー」から続いてのこの泣けるカントリーロード。
      こういう郷愁を誘う曲に涙するようになったのは
      やっぱり年齢かしら?

      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:37 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。