北九州芸術劇場プロデュース「彼の地供
0
    2018年2月25日 北九州芸術劇場小劇場

    歌えちゃうんだよなぁ、私。北九州市歌。
    出て行きたかったけど、今も帰りたいとは思わないけど、ふるさと。
    確かに呪いかもな。
    歌っちゃうなぁ。あぁー、我が市きたきゅーうーしゅー。

    前作「彼の地」が北九州という地に根をはった父と
    どうしてもその地になじめない息子の話だったとすると
    今回は根っこを持てなかった母と一度はでていった娘のお話。
    堅実な職人の父親に寄り添えなくて
    自由に、でもどこか寂しげに生きた母親がとても魅力的で憎めない。
    でも、身内にはこういうのきついよね。
    いっそ憎めたら、忘れられたら、と思うよね。
    もちろん、今回も群像劇として、
    洞海湾を挟む恋人たちのやりとりも
    仕事をばっくれた友人を迎える醤油屋さんの優しさも
    花火職人の兄弟と兄の想い人のやるせなさも
    みんなみんな愛おしい。
    自転車漕いで門司までいっちゃう多田ちゃんの気持ちわかるわ
    って私がチャリ乗るのが好きなだけか。
    でも北九州は広すぎてチャリで走り回る気にはならんけどな。
    スペースワールドは私が大人になってからできたので、
    そこまで思い入れはないけれど
    子供の頃からの思い出がある世代には今回の閉園は辛かっただろうなぁ。

    「彼の地」とは違う新しい「彼の地供廚世辰燭韻
    寺田さんだけは前作の設定を引き継いでるのかな。
    どちらにしても桑原さんの描く愛のある世界。
    しばらく脳内ヘビロテ決定の北九州市歌。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:31 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1145