「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
0
    2018年4月4日 KBCシネマ 監督:ジョー・ライト

    よくあることだ。
    世間では評価が高い映画なのにどうにものれない。
    確かにチャーチルは現代の偉人の一人だろう。
    彼が徹底抗戦しなければ
    ヨーロッパはナチスの支配下に堕ち
    今とは違う歴史が刻まれていたのかもしれない。
    でもなぁ・・・

    なにしろ相手はヒットラーだ。ナチスだ。
    民主主義の敵である彼らの旗を英国に掲げさせるわけにいかない。
    わかる、わかるんだよ。
    だけど、きっとこの人は時代が違えば
    同じように的確な言葉で
    「我が国の旗をあの地に掲げよう」と民衆を煽ったのだろうなと。
    実際、そうやって英国は領土を広げた歴史があるわけで。
    なんかそんなもやもやを抱えたまま観たもので
    どうにものれないまま観終わってしまった。
    特殊メイクも駆使した、ゲイリー・オールドマン渾身の演技は
    確かによかった。
    葛藤も迷いもある人間的な側面もわかる。
    いくつになっても上品で愛らしい妻のクリスティン・スコット・トーマスも素敵だった。
    だけどなぁ・・・
    政治ってそんなものだよってことかしら。
    「ダンケルク」を観ておけばもっと入り込めたのかしらとも思ったけれど、
    この手の戦争ものが近年ますます苦手。
    どうにも子供でごめんなさい。



    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:35 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1152