「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
0
    2018年5月29日 中洲大洋 作:トム・ストッパード 演出: デヴィッド・ルヴォー

    なんかねぇ、悔しかったんだ。
    そりゃあ面白かったよ。
    自分の意志とは関係なくどんどん巻き込まれていく二人の姿と
    でこぼこコンビっぷり。
    「ハムレット」という表の芝居の舞台裏の様相。
    私だって、ニヤニヤ、ムフフと笑いながら観てましたよ。
    しっかしさぁ、あいつら=イギリスでリアルタイムで舞台を見ている観客たちったら
    ゲラゲラ、ワハハと笑うんだわ。
    元ネタ「ハムレット」の展開もセリフもよく知ってるだろうし
    英語特有の韻をふんだ、いわばダジャレ的表現もあるんだろう。
    古典とか舞台芸術とかの浸透度も思い知らされる。
    日本にたとえたところで「歌舞伎」のストーリーが
    ここまで浸透してるってことはないし。
    むしろ昔話?
    「桃太郎」や「浦島太郎」の裏ストーリーを楽しんでるくらいの感覚なのかもしれない。
    とにかくなんだか、悔しかったのよ。
    ゲラゲラ、ワハハと笑えない自分が。
    ニヤニヤ、ムフフと笑ってるうちにも物語は
    「ハムレット」同様、悲劇へと転がっていく。
    自分達が託されたのが「ハムレットを殺せ」という親書だったのを知って
    悩む二人に対して、躊躇なく、
    「ローゼンクランツとギルデンスターンを殺せ」という手紙にすりかえるハムレット。
    二人を待っているのは処刑のシーン、ではなくフェードアウト。
    ただ消えていくのみ。
    だからこそ怖い。だからこそ哀しい。
    権力に振り回される市民の姿でもあるのだろうけど、
    役者である自分には、「脇役」の運命としてやっぱり切ない。
    死のシーンさえ許されない脇役の運命。
    たったひとこと。
    「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:33 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1164