劇団鹿殺しライブビューイング「オレの骨をあげる」
0
    2018年8月19日 イオンシネマ福岡

    すごいなぁ、鹿殺し。
    しばらく福岡に来てくれないのでチェックしていなかったら
    いつの間にか、サンシャイン劇場での本公演、
    全国ライブビューイングまでやるようになってる。
    とは言え、私自身もこのライブビューイングの情報を知ったのはけっこうぎりぎり。
    芝居と違ってフライヤー等がでまわるわけでなし、
    福岡での開催場所はイオンシネマ福岡とけっして便利な場所でなし、
    なんだかちょっと心配になって、これは行かねばなるまいという気になった。
    何しろ、動機がそんなんだから、前情報はほとんどいれてなかったんだよねー。
    いや、映画も芝居もあまり前情報入れずに見るほうが好きなのは確かなんだけど。

    病院で自分の臨終の瞬間を見ている女、からしまたえ。
    三途の川では彼女を主役にしたコンサートが開かれようとしていた。
    彼女の生きてきた足跡を彼女自身が歌いあげるコンサート。
    バックダンサーとして踊る骨ダンサーズの衣装、かっこいい!
    と思ったとたんに、ん?でもなんかみたことあるぞと思った。
    そうか、これ、西鉄ホールで観た作品の再演なんだ。
    2013年の春「BONE SONGS」というタイトル。
    いや、別に再演で知ってる話だったら見ないってことではないし、
    結末とかディテイルとかそんなに覚えてはないんだけど
    ちょっとだけしまったと思った。
    私はこのたえという女が好きじゃないのだ。
    なんかむかつくのだ。

    弱小プロレス団体の社長だった父。
    宝塚のスターだった母は、受け身がとりえな地味なプロレスラーの父に恋をし
    たえを授かるが、きゃしやな身体での出産に耐えられず
    たえの誕生と同時に亡くなってしまう。
    生まれながらに不幸を背負ったたえは
    学校でもいじめられ、友達と言えば父の後輩や
    父が連れてきてくれた二人の女の子だけ。
    故障の多い父にかわって、自分は主役になろうとがんばるたえ。
    女の子3人のレビューごっこに卓球、そしてバンドと
    次々と才能を開花させては、いつも頂点にはたてないたえを
    「えたましらか王国」の願いの強さと
    たえを愛し、たえの骨となった男達が支える・・・

    演出の菜月チョビさん、でずっぱり、うたいっぱなしで
    小さな身体から発せられるエネルギーがすさまじい。
    たえはチョビさんそのものの姿なのだろう。
    九州から大阪・東京とそのステージを大きくしながら
    まっしぐらに進んでいく姿は
    愛さずにいられない、支えずにはいられない、
    そんな存在なのだろう。
    たえに共感できないのは
    たえが自分のエゴを認めない、というか自覚してないところだ。
    たえの願う力の強さはエゴの強さ。
    なのにいつもたえは、自分は不幸・不運という顔をして
    「お父ちゃんのため」「あゆむのため」と自分の気持ちをすりかえる。
    いいじゃないか、己のエゴで、と思ってしまう。
    そうなると、自分をささえる「骨」になる男達、
    タイトルの由来そのものがぼやけてしまうってことかしら?
    もちろん、チョビさんのことが嫌いなわけでもなければ
    この作品が面白くなかったわけでもないよ。
    あのロックミュージカルとしてのできもいいと思うし
    チョビさんの歌はとっても魅力的。
    東京まで追っかけていくのはムリだけど
    ライブビューイングならこの値段でもまた行くかなぁ。
    できれば、ユナイテッドあたりでやってほしいけど。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:29 | - | - | - | - |
      ありゃ、先輩もいらっしゃったとは。

      気づかずに、ご挨拶しなくて、申し訳ありません。
      | たかさき | 2018/09/02 6:55 PM |
      いえいえ、こちらこそ。
      ぐるっとみまわしましたが、あまり普段みる顔ぶれではなかったようで・・・
      | 義江 | 2018/09/10 11:17 PM |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1185