「SUNNY 強い気持ち強い愛」
0
    2018年9月6日 中洲大洋 監督:大根仁

    さすがの大根さんにもハードルが高かったよね。
    元ネタの韓国映画がよすぎた。
    てかそれを確認するためにも今すぐにももう一度観たいくらいだ。
    「SUNNY 永遠の仲間たち」のほうを。
    何がどうとかうまく言えないけど
    今一つのれなかった。
    元ネタのほうは、もう「Time After Time」 を耳にするだけで
    泣いちゃうくらいはまったのに。
    もしかしたら単なる世代の差かもしれないけど、
    確かに私はルーズソックスも安室ちゃんもリアル世代じゃないけど
    それにしてものれなかったなぁ。
    「ララランド」ばりの女子高生の通学ミュージカルシーン、
    あそこで「わ!」とときめかないと入っていけなかったんだと思う。
    なんかガチャガチャしすぎて入れなかったんだな。
    90年代の女子高生のシーンはずっとそのガチャガチャに
    今ひとつのれないまんまだった。

    うん、世代の差かな。
    戻れない青春を振り返りつつの現代シーンはやっぱりせつなかったから。
    病院のベッドで二人並んで横になってるとこは泣けたし、
    あの頃の歌を歌いにカラオケに行きたくもなった。
    もう振付なんか欠片も覚えてないけど
    私も文化祭で踊ったな。
    「What a feeling」と「晴れのちBlueBoy」とあと何曲かあったけど
    もう思い出せないや。
    でも確かに一日中踊りながら一日中笑ってたな。
    近所の中学生にお手紙もらったな。
    たいがい私もガチャガチャしてたか、高校生の時。

    癌告知に関するセリフにはちょと違和感あった。
    身よりがないからいきなり本人に告知された、と芹香は言ったけど
    今どきは病名自体は告知するほうが主流じゃないかしら?
    手術するとかしないとか治療法の選択ができないからね。
    余命宣告するかどうかはまた別の問題なんだろうけど。
    たいしたことじゃないんだけど、そういうちょっとしたことで
    古臭い感じがでちゃうよね、と思って。

    しかし大根さん、あの小池栄子のみごとな乳をよくニセモノにしたてたな。
    三浦春馬君の長髪イケメンもひと昔前感がでててGood Job!
    「ん?これってイケメンなんだっけ?」って一瞬戸惑うくらい(笑)。
    時代って怖いわぁ。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:08 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1191