「バトル・オブ・セクシーズ」
0
    2018年8月27日 中洲大洋 監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン

    この映画をみた少しあとに、大坂なおみとセリーナ・ウィリアムズの全米オープンの試合があって、
    女子テニスの話題がニュースになった。
    映画の主人公でもある女子テニスのかつてのチャンピオン、ビリー・ジーン・キングが試合について言及。
    「女子選手が感情的になると『ヒステリーだ』と言われペナルティが課される。それは男子選手にはない不当な扱い。」とセリーナ・ウィリアムズを擁護した。
    日本では、どうしても大坂なおみに肩入れしてセリーナへの批判的な意見が多かったし、
    どちらかというと日本人もすぐに「女のくせに」という見方をしたがるほうだから、
    新鮮な意見に思えたし、ちょっとホッとした。

    「バトル・オブ・セクシーズ」を見て、映画館でちょっと泣いた。
    てか、帰宅してもずっと泣いてた
    。泣くような映画じゃないよ。むしろ痛快な映画だよ。
    だけどね、女の子は皆戦ってる。かつて戦ってた私を思い出した。
    丁度ニュースになってた、東京医大の不正に寄せられた怒りのハッシュタグの時もこんな風に泣いていたなぁと。
    怒りとか悔しさとか、いまだ克服できない哀しさとかにうちのめされて。

    うちの父は「女には学歴はいらん」と公言する古い人間だった。
    父は私を愛していたし、最後は許してくれるとは信じていたけど、
    自分が選んだ大学に行くこと、というか四年生大学に行くことだけで父との戦いだった。
    ハンストして訴えた私の願いはあっと言う間に叶えられたし、
    結果、何不自由ない大学生活を送らせてもらったことに感謝はしている。
    それでも私は決して忘れない。
    TVにうつる女性政治家や文化人を見るたび、
    「女に学問はいらん」「雌鳥が鳴くとろくなことにならん」と娘の前で言い続けたあなたの言葉。

    平成も終わろうとしている今でも、まだ戦っている女の子がたくさんいる。
    別に女性が男性より上、と言いたいわけじゃない。
    ただ同じ権利を獲得するために、男性を超えるほどの力をださなければ声をあげることすらできない。
    私は父に女子であっても「四年生大学にいく資格があるくらい優秀」を示すために
    トップをとるしかなかったし、実際とった。
    でも、もし私が父に従順な女の子であったら、
    父と戦うのがめんどくさがる性格であったら、
    そしてトップをとる力がなかったら、そんなことを考えながら映画を見たら涙でてきた。
    今の私はすっかりそういう土俵からおりて、自分の能力のすべてを、
    いかにして自分の好きなことだけして生きるか、にそそいでいる。
    でも、戦っているたくさんの女子を思うと全力で応援したいし、やっぱり泣けてくる。
    あの頃押入れで泣いた私。
    試合に勝利してもなお、控え室で一人泣いていたビリージーン・キング。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 19:46 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1199