演劇関係 いすと校舎「ちっちゅうのララバイ」
0
    2018年11月17日 自宅劇場

    北九州で生まれ育った私でも初めて行った町、行橋、新田原。
    行ってみたら思った以上に遠かった。
    遠かったけど、今までいかなかったことを後悔するくらいに行ってよかった。
    駅をおりても何があるというわけでもなく、
    狭いけど交通量は多い道、両側には畑や住宅が点在。
    どこにでもある田舎の風景。
    こんな町に、こんな劇場があるって
    なんて素敵でなんて愛おしいことだろう。
    古民家なんてこじゃれたもんじゃない。
    街の新興住宅地で育った私にとっては
    古めかしい床の間やら欄間やら立派なつくりの家やなぁと思ったけど。
    多分、田舎基準では普通の家。
    まさに自宅。
    作・演出の守田さんのおじいさんの家だったという
    三世代、セリフもないリアルお子様まで含めると
    四世代にわたる家族の物語。
    華麗なる一族でもなければ、一大歴史大河ドラマでもない、
    普通の家族の普通の日常。
    息子の帰省や、母の命日といった家族の行事ごとや
    隣の嫁がおすそ分けを持ってきたり、
    初めてのマクドナルドの思い出だったり、何気ない日常の会話が、この家、この居間できけば
    どうしようもなく愛おしい。
    最後は娘の結婚で親戚一同が鍋を囲んで集まる景色から、
    新たにこの家を手にいれ、新しい家族が新しい歴史を刻む
    気配でおわる。
    ただこの娘の結婚は反則だなぁ。。。
    娘への手紙を読むお父さん。
    役者さんではないよなぁとは思ってたけど。
    娘役の女優高野由紀子の実の父親が
    パチンコ屋のチラシの裏に書いた娘の結婚式での挨拶文を読む。
    これは、本当の結婚式にとっておいてあげないと
    酷ってもんでしょう、と思いながらも
    とつとつと原稿を読むお父さんに涙。
    これ、反則だぁー。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 19:17 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1208