「若おかみは小学生」
0
    2018年11月29日 ユナイテッドシネマももち 監督:高坂希太郎

    アニメはめったに観ない私ですが、特にこの手の絵は苦手でねぇ。
    評判よくてじわじわロングランしてる噂を聞いて気になってたけど
    一日一回真昼間の上映ではねぇ・・・と諦めていたら
    オープンしたばかりのユナイテッドシネマももちでレイトショー。
    うちからチャリで5分の映画館が復活した記念に観てきたけど・・・

    私ははいりこめんかった。
    がんばらせすぎでしょ。
    いや、小学生があんなに働くなんてどうなの?
    とかという野暮なことを言うつもりではなくて、
    気持ち的にね。
    親を亡くしたばかりの小学生の女の子に
    あんなにがんばらせんでもいいでしょう。
    確かに脚本的には
    同じように母親をなくしたばかりの少年と出会って戸惑ったり、
    親をなくす事故の原因となった運転手に会って心折れたり
    いろんな葛藤もあるし、助けてくれる人もいる。
    でも結局、おっこ自身がすごく「頑張って頑張って」乗り越える。
    もう私にはその頑張りが痛々しくしか見えないし、
    大人がこんなに「大人にとって都合のいいこども」のアニメをつくって
    こどもに見せるってどうなんかなぁとしか見えなかったよ。
    原作はシリーズものなので、
    もっといろんな過程があったことを凝縮しちゃったからなのかもしれないけど。
    文科省選定作品やらなんやらの冠がついてるけど
    こどもたちがこの映画観て「感動した」とか「泣きました」とか
    感想文書いてるなんて想像したらちょっと辛いなぁ。
    まぁ私がこどもの頃見てたら
    「おっこの頑張りに感動しました。私も頑張ります。」なんてちゃっかり
    書いてるとは思うけどね。
    『「大人に都合のいいこども」のふりをするのが上手なこども』だったからね。
    今のこどももそのくらいちゃっかりしてるといいな、とは思うけど
    ともすると、こどもの頃こういう映画観て
    やたらと「泣ける」映画をほめる大人が量産されるのかも、なんて心配してしまうわ。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:32 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1209