スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「A GHOST STORY」
    0
      2018年12月12日 KBCシネマ 監督:デビット・ロウリー

      そうか、幽霊は「人」ではなくて「場所」につくのか。
      だから私は幽霊に会えないのか・・・

      怖い映画は苦手だ。
      GHOSTの話と言っても、予告編を観て怖いわけではなさそうだなと思って見に行った。
      幽霊ものと思って観に行ったら、実はタイムシフトもので、
      でも結局ファンタジーだった、みたいな不思議な映画。
      その不思議さが好きな人もいそうだけど
      謎も多いし、つっこみどころも多い。

      お話はなんちゃない。
      引っ越しを控えていた若いカップル。
      事故で突然死んでしまう男。
      男は幽霊となり、女を見守る。
      女が引っ越したあともずっとその家で待っている。
      住人がかわり、やがて家も朽ちて壊されてしまっても・・・

      まず、人によってはここでどんびきしそうな幽霊のビジュアル。
      欧米の子どもが絵に書きそうなシーツかぶっただけの単純な姿。
      これは私には逆に好感度だったけど。
      なんか、滑稽でその分少しもの哀しいルックス。
      幽霊が何ができて何ができないかの「ルール」みたいなのについては
      ちょっとつっこみどころありだなぁ。
      お皿をしっかり握ったり、電球の点滅を操れるのに
      あの手紙をつまむことはできなかったり。
      「時間」を超えてしまうことについても「それ、ありなの?」という不思議な設定。
      幽霊が生きていた頃の自分を見ているって、なんか矛盾する気がする。
      まぁこのシーンが一番せつなくて一番素敵なシーンだったりするんだけどね。
      ルーニー・マーラーは「キャロル」の時もそうだったけど
      美しければ美しいほど哀しいね。
      いや、逆かな。
      哀しければ哀しいほど美しい人だね。


      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - | - | - |









        http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1210