スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「シェイプ・オブ・ウォーター」
    0
      2018年3月5日 中洲大洋 監督:ギジェルモ・デル・トロ

      なべにおとされたゆでたまご。
      バスタブにあふれる水。
      想像をかきたてる彼女の吐息とゆれる水面。
      のっけからタイトル通りの「水」の美しさに心奪われる。
      乱暴な言い方をすれば
      「グロテスクな半魚人」と「お掃除のおばちゃん」の恋物語。
      なのに、これはメルヘン。
      人魚姫。
      男女を逆転した人魚姫のようでもあり、
      言葉を失くし人の世界でひっそり生きていた人魚姫を迎えにきた
      人魚の王子さまの話のようでもある。
      だって、グロテストな鱗の奥の王子の瞳はあんなにつぶらで、
      お掃除おばさんの制服を脱いだ姫の身体はあんなにも少女のよう。
      バスルームを水で満たして抱き合うシーンが大好き。
      その翌朝のガールズトーク(?)も。
      水びたしになったイライザの部屋の階下はレトロな映画館で
      まさに、レトロな中洲大洋のメインホールでこの映画を観られたのも幸せだった。
      緑色のキーライムパイはちっとも美味しそうじゃなかったけど
      ジャイルズのせつない思いに共感して1ヶくらいならおつきあいして食べてもいいかな。




      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 18:14 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。