下鴨車窓「微熱ガーデン」
0
    2019年2月9日 ゆめR大橋

    穏やかそうな劇団名とタイトル、
    作家さんの風貌をからぼんやり連想していると、
    なんか裏切られたようなサスペンスフルな展開。
    会場に入ると8畳ほどの空間に長机と鉢植えの緑がいっぱい。
    これも、一瞬「癒し系」かなぁなんて騙される。
    てか、まず「え?どこで芝居するの?」って思うよね。
    長机の前後と間、椅子が置ける空間が少しだけ。
    会話劇だからこれで成立するっちゃするわけだけど、
    初めはちょっとびっくりした。

    大学から離れた田んぼの中のアパートで植物を育てている女子大生の結。
    その仕事を紹介したらしい友人の理奈。
    二人の会話は何かヤバい雰囲気。
    警察、下の階のおじいちゃんの孤独死、
    ばれてはいけない植物の特別な匂い・・・
    おじいちゃんの部屋の片づけにやってきた孫の野間を
    部屋にいれたあたりから崩れていく結と里奈の秘密。
    実際は、とっくに危ないことになっていたのに。
    てか、おじいちゃんが一番危ない人だったてのが衝撃でした。

    ラストシーンは、二人がヤバい植物を栽培し始めた時に時間を戻して。
    無邪気な二人の会話。
    二人の笑顔を救いにしていいのか、むなしく感じていいのか。
    現実には二度とは戻らない時間、二人はこの笑顔を取り戻せるのか。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 10:04 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1233