スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「三婆」
    0
      2019年7月6日 博多座

      さすがのコメディエンヌ3人豪華メンバー。
      お母ちゃん孝行と、生大竹しのぶを目当てにチケットとったけど、
      渡辺えりさんの迫力と木村緑子さんの色っぽさ。
      役柄上受けの芝居が多いこともあるけど、
      ちょっと大竹しのぶがおされてるくらいの勢いだったよ。
      お話は50年くらい前?東京オリンピック前の設定だから
      お妾さんだの女中だの、イマドキではない言葉も飛び交うけれど
      時代が変わっても変わらぬ女性の逞しさと、
      憎めないキャラクターが今でも支持されるんだろうな。
      一幕終わり、緑子さんに乗せられ丸め込まれたあと
      ひとり、着物をとっかえひっかえあててみる大竹しのぶのシーンが
      せつなかった。
      せめてもの着道楽で集めた着物は、どのくらい日の目を見たんだろう。
      籠の鳥と自分を重ねるえりさんのシーンもだけど、
      縛られてきた人生や、これから老いていく自分。
      自分のこと、隣に座っている母のこと、
      いろいろ考えてぎゅーんってなった。
      あ、ひとつだけ言わせてもらえば今どきの80代はあんなによろよろじゃないです。
      現に母は、自分がつくったスーツやコートを身に着けて
      ソニックに乗って博多座に来るのを
      楽しみにしているからね。


      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:50 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。