ラッパ屋「2.8次元」
0
    2019年6月29日 北九州芸術劇場小劇場
    もしも、もしもですけど
    今まで芝居続けてきたご褒美にどっか好きな劇団にひとつだけでて出演していい、
    って言われたらどうします?
    私なら出演してみたい劇団のNO.1がこのラッパ屋。
    作家と役者(多分観客も)が一緒に年齢を重ねてきて、
    その年齢ならではの夢も悲哀もちゃんと描いてて。
    北九州公演は3年ぶりらしく、途中一回東京で観劇したから、
    紀伊國屋ホールで見たラッパ屋を北九州の小劇場の最前列で観る贅沢に震える思い。
    ましてやコンボイの黒須さんがあの距離で!
    三鴨さんも久しぶりだったし、もっともっと観ていたかったわ。
    隣の中劇場ではケラさんが3時間の芝居をやってたことだし、
    もっと長くていいのにー、終わらないで―って思いながら観てました。

    今回の舞台は、老舗新劇劇団の稽古場。
    観客の高齢化とともに動員数は減る、
    たのみの綱の学校演劇はわかりやすいミュージカルに持っていかれる。
    歴史と立派な稽古場こそあるものの
    正直存続の危機にある劇団に持ち込まれた「2.5次元」演劇とのコラボ企画。
    劇団の存続をかけた公演は果たしてうまくいくのか・・・

    キャラメルボックスのこともあり、
    「劇団の存続」の厳しさが浮き彫りになったよりによってのこのタイミング。
    ラッパ屋ならではの大人の味つけで笑い飛ばしてはくれるけど、
    笑えないよねー。
    実際、you tubeやらTIKTOKやら、短い時間で勝負がつく娯楽に慣れた人たちを
    2時間近く拘束して、しかもわざわざ事前に予約して出かけていって、という
    こんなメンドクサイ娯楽に呼び続けることができるのか。
    乗り気じゃなかった20代のイケメン俳優や、二次元作家、
    見学のはずのおじさんサラリーマンまでその気にさせてしまうところが
    「演劇」の楽しさなのだと言いたいところなのだろうが
    結局、皆もとの居場所に戻っていくことを思わせるラストは少し寂しい。
    「もうすぐ50よ」と唄いながら、夢を諦められない彼女たちの姿は私の姿。
    イタくてもせつなくても、そこに居続ける。


    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:39 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1258