「火口のふたり」
0
    2019年8月29日 中洲大洋 監督:荒井晴彦

    確かにかつての日活ロマンポルノみたいだ。
    かつて恋人同士だった男と女が再会し、
    再び身体を重ね
    離れがたくなっていく。
    「からだのいいぶん」に従って。

    一度だけ「あの頃に戻ってみる」の約束で身体を重ねたはずなのに
    男はどうにも我慢できなくなって
    結局二人は女の結婚式までの5日間を一緒にすごす。
    たくさんセックスをして、一緒にご飯を食べる。
    男が「セックスがこんなに気持ちよかったのを思い出した」
    みたいなことを言っていたのが印象的だった。
    離婚して職もなくした男には性も食もどうでもいいことになっていて、
    多分それは生きること自体がどうでもいいことになっていたんだよね。
    彼女との再会をきっかけにして、釣りをしながら魚肉ソーセージをかじっていたような男が
    アクアパッツァなんかつくっちゃう。
    そう、この映画、セックスのシーンも多いけど食事のシーンも多いのだ。
    食欲と性欲、この二人はこどもをつくるつもりなのか・・・のラストにもつながる
    生きることへの欲望がじわじわと募っていくのがわかる。
    劇中に使われている富士山の絵や
    かつての二人のなまなましいモノクロ写真も効いている。
    料理をつくる男の器用な手つきや、これらの作品をみてると
    彼は多分何かを創る系の人なんだろうという想像もできるし、
    性や食を取り戻したように、彼が創作を取り戻すかもしれないという予感もする。
    富士山の噴火と言う未曽有の災害を背景に
    どこまでも堕ちていくふたりの物語のようで
    実はふたりにとっての再生の物語。

    ふたりがかつての思い出話をするシーンも多いからか
    すごく個人的な昔の思い出を掘り起こしてくる映画でもあった。
    ラーメンもレバニラもアクアパッツァもハンバーグも
    どれもこれも食べたくなったけど、
    昔の彼が最後に私につくってくれたトマトのパスタが食べたくなった。




    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:48 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/1262