スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    劇団言魂&ジャカット雀「STUN/TURN:僕たちは、ぼーっとして、あたりを見廻す。」
    0
      2019年9月15日 湾岸劇場博多扇貝

      最近、若手の劇団や新しい劇団までなかなかチェックできてなくて
      九州戯曲賞をとったという若者の名前でやっと重い腰をあげた。
      博多扇貝でクロサイ以外の劇団がやるのも久しぶりというのも
      興味があったし。
      2週間貸のこの劇場は、付帯設備とか使用時間とか
      トータルで見ると決して高くはないはずなんだけど
      2週間かけて建てこむような劇団は最近ないのか
      やっぱり遠いと敬遠されるのか、なかなか使われないからね。
      福岡と北九州の若手劇団の合同公演だから
      最後の2週間をがっつり稽古、というのもあるんだろうし
      あの劇場でつくりたいものが何かあるのかなぁ、なんて期待して。
      実際、シンプルながらもしかけのある舞台はちょっと見応えあった。
      劇場に入った瞬間、お、かわいい、好みだなと思える舞台だったし、
      シンプルな四角の連なりが
      DJブースや卓・窓や出入り口と自在に変化するのもよくできてた。

      小さな島のラジオ局が舞台。
      小さくて閉じたコミュニティに不自由を感じながらも
      「つながりたい」「発信したい」思いにあふれる若者たちの姿は
      おばちゃんにはちょっとまぶしく。
      でも、その気持ちと演劇人としての「表現したい」が
      ストレートにつながった叫びには共感できる。
      ただ、SFチックな言葉や展開にちょっとついていけなかった部分もある。
      「何気ない日常の風景にはいつもラジオが」みたいな始まり方だったので
      あの展開は想像してなかったもんな。
      あの子供の出現にはちょっと「え?え?」ってなったし
      耳慣れない言葉がセリフとして頭に入ってこない部分もあった。
      同時進行するふたつの話、というかふたつの世界があるんだけど
      その接点がなかなかピンと来なかったし。
      それは二役の役者さんの使い方もあったのかな。
      「戦いが始まる」のは、今のきなくさい世相を映しての
      彼らなりの警鐘なのかも知れないけれど
      だとしたら、戦いや攻撃の目的がぼんやりしているのも
      ちょっと気になった。



      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。