スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    劇団新感線「けむりの軍団」
    0
      2019年9月12日 博多座

      楽しみにしていた「けむりの軍団」で3つの「けむり」を観た。

      ひとつは文字通り、お話通りの「けむりの軍団」。
      軍配師十兵衛がみせる幻の煤煙党。
      大量の松明やどこからか飛んでくる矢。
      見えているものから想像を広げて
      実際には見えないものまでが見えてくるのは
      軍配師の作戦、とは言え、すごく「演劇」っぽいなぁと。
      かつての軍配師は生まれ変わったら演出家になってるかもしれない、なんて。

      もうひとつは昨今のきなくさい時事にも似た「けむり」。
      疑いや怖れの気持ちが見せるけむりの姿。
      見えない敵、まだ刀を抜いていない敵、けむりにおびえて
      こちらから刀を抜く、奪いに行く
      「守るため」の戦いと誰もが言うけど、
      池田成志さん演じる美山輝親が城を失った時のように、
      戦わないこと、負けることで守るものもあるのかもしれない。
      いや、そうあってほしいよ、と、現実とも重ねて思う。

      そして、けむりの軍団はここにいる。
      ある時は侍として、またある時は百姓として、僧兵として
      斬られてははけ、でてきては斬られる。
      着替えては踊り、また着替えては歌う。
      アンサンブル諸君、君たちこそが
      実際の手勢を何倍にもみせる「けむりの軍団」そのものではないか。
      本当に拍手を送りたい。

      それにしても久しぶりだった生「新感線」。
      ゲキシネで観られることに満足してなかなか遠征してまで観ないものなぁ。
      チケットとるのも大変そうだし。
      それぞれに見せ場があるザ・新感線の舞台におなかいっぱい。
      もみじしょって一人で舞台に立っても絵になる古田さんの存在感。
      かわいくてよく動く、新感線らしい姫を好演の清野菜名。
      高田聖子さんのアクションも久しぶりではないかしら。
      そしてもううっとりとしか言いようのない早乙女太一の殺陣。
      スピードといい動きの滑らかさ・美しさといい群をぬいてる。
      何よりも、同級生粟根まことの
      歌い、踊り、大薙刀でキレキレの立ち廻りまである活躍ぶり。
      あぁやっぱりちゃんと身体はつくらないかん。

      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:32 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。