スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「イエスタデイ」
    0
      2019年10月14日 ユナイテッドシネマももち 監督:ダニー・ボイル

      クイーンが「ボヘミアン・ラプソディ」になって、
      エルトン・ジョンが「ロケット・マン」になって、
      実在のミュージシャンのお話が次々映画化される中、
      ビートルズは「イエスタデイ」になった。
      いや、ビートルズにだってドキュメンタリー的な映画は沢山あるし、
      この映画にはビートルズそのものはでてこない。
      でも、すごいことじゃない?
      ビートルズじゃなければこの映画の
      「もしもビートルズが存在しない世界で自分だけがビートルズを知っていたら」
      という設定は成立しないんだから。
      そりゃあ、ストーンズだってクイーンだってすごいバンドだけど
      誰もが知ってる、そして愛されてる曲がたくさんあって、
      しかもそれが音楽界に衝撃的なくらいのインパクトがあって。
      ビートルズじゃなければ描けない設定の映画であって
      この映画でなければ描けないビートルズがある。
      我ながら理屈っぽすぎるかなぁ。

      しかもそれを超えるくらいに音楽そのものの喜びはもちろん
      音楽と共に、愛する人と共に生きる喜びがあふれてくる、「生き方の映画」。
      「ビートルズ」というバンドが存在しない世界では
      ジョンがおじいちゃんになるまで生きていて
      例えミュージシャンじゃなくてもジョンそのものの生き方をしているなんて
      最高じゃないか。
      生きて、おじいちゃんになったジョンの姿に涙して、
      あの曲をまた聞かせてくれてありがとうというファン二人とともに踊って、
      エド・シーランやジャックのアーティストとしての葛藤に身もだえする。
      いろんな感情に揺さぶられる映画だったけど
      とにかく、私が今いるのはビートルズが存在する世界でよかったーと
      心から思える。

      ビートルズがいない世界にもストーンズはいて、オアシスはいないとか
      コカ・コーラはなくてもペプシがあったり、
      洒落が効いてるなぁと思ったら
      どうやらビートルズの曲の歌詞とも関係あるらしい。
      これはあとからのネット情報で知った。
      マニアな人にはマニアな人の楽しみ方もあり、
      でも、「ビートルズ、聞いたことあるな」くらいの人にもわかる、
      ってところがまたビートルズっぽくでいいじゃないか。

      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:24 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。