「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」
0
    「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」
    2020年1月9日 ユナイテッドシネマCC13 監督:ジョナサン・レビン

    サブタイトル通り、ありえない。
    才色兼備な大統領候補の女性と冴えないジャーナリストの恋。
    いや、女性大統領は実現してほしいところだけど、
    とにかくシャーリーズ・セロンの美しさが完璧すぎて
    知性も地位も人望もなにもかも持っていて
    こんなひげもじゃのダサい男と恋するわけがない。
    しかも自分の進退かけるわけがない。
    なんて、野暮なことは言いっこなしよ。
    所詮恋愛はファンタジー。
    下ネタ多めなところも
    ちょっと斜めに皮肉きいてるところも含めて
    大人の恋愛ファンタジーとして、とても楽しめる映画だった。

    とにかくシャーリーズ・セロンが可愛い。
    「マッド・マックス」とか「アトミック・ブロンド」とか
    完璧な美ゆえに、
    どちらかというと哀しみや冷たさを秘めたクール・ビューティーだった
    彼女のコメディエンヌっぷり。
    ちょっとマリリン・モンローを思い出しちゃったわ。
    セクシーさの路線も切れ味もまるで違うんだけど。

    仕事での成功や、理想や正義の実現。
    大切なこと、達成したいことは沢山あるけど
    人は愛したいし、愛されたい。
    そのために一歩踏み出すこと、ちゃんと言葉にすること。
    当たり前のことだけど
    ストレートにそれを感じさせてくれる
    アメリカらしい映画であと味がとてもよい。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 20:52 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:52 | - | - | - | - |