「リンドグレーン」
0
    2020年1月10日 ユナイテッドシネマCC13 監督:

    「チョラホプチョー ララララ チョラホプサンサ」
    キャロライン洋子の歌う「長靴下のピッピ」のテーマは今でもくちずさめる、
    子どもの頃大好きだったドラマシリーズ。
    でもよく考えたら本は読んだことなかったし、ましてやリンドグレーン自身のことは
    なんにも知らなかったな。
    1920年代、スウェーデンは比較的早くに女性参政権も確立した進歩的な国。
    とはいえ、当時、女性が自立した生活を送ること、
    ましてや未婚で子どもを産み育てること、
    どれだけ困難なことだったか。
    その状況で彼女が折れずに戦った中で生まれたから
    彼女の描くキャラクター達は強く賢いんだな。

    17歳でまだあどけなかった彼女が
    新聞社での職を得て、
    モダンな働く女性をめざし、
    上司に恋をしていく。
    女の失敗を女で癒そうとする
    そいつは典型的なダメンズよ、そっちにいってはだめよ、
    なフラグがたちまくってるにも関わらず、
    女になっていく彼女が生々しくも確かに美しい。
    皮肉だねぇ。




    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 07:03 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 07:03 | - | - | - | - |