「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
0
    2020年1月13日 ユナイテッドシネマももち 監督:J.J.エイブラムス

    昔からのマニアックなファンも、にわかファンも含めての賛否両論。
    そりゃあ、何十年にもわたる、半ば神格化された物語のラスト。
    マニアではないけれど、リアルタイムにたどってきた映画ファンとして
    私も観ないわけにはいかないでしょ。
    というわけでかなり封切りから遅れながらも観てきたわけです。

    いや、結論としてはうまく終わらせたな、というところでしょうか。
    暗黒面との間に揺れ動いたフォースの力も最後は正義に力を発揮し、
    一人はみんなの為に、みんなは一人の為に戦い、
    正義の戦いには必ず共感してくれる同志が現れる。
    しかも、その端々に歴代の戦士たちが現れ、様々な形で助けてくれる。
    スターウォーズの王道が貫かれた大団円には満足した。

    が、つっこみどころは多々あるよね。
    私が一番気になったのはこの世界観の中での
    「生と死」の定義かな。
    フォースの力は傷を癒し、
    人を生き返らせることまでできるようになったの?
    死んだはずのルークが、レイに示唆を与えるだけならともかく
    水中からX-ウイングまで浮かび上がらせちゃうのずるくない?
    とかそういうあたり。
    あと、パルパティーンを倒すところのビーム合戦みたいなの、
    あれ、面白いの?
    フォースを持つジェダイの戦士として、
    あんなにチャンバラも訓練してたのはなんだったんでしょう?
    とか考えてしまうのは、私があまのじゃくすぎるのかしら?

    ネットではラストシーンの唐突な女性同士のキスとかもつっこまれてたみたい。
    これだけのシリーズだもの、何やったって突っ込まれるのはしょうがないよね。
    ネット評といえば、「ローグワン」が高く評価されてるのをみかけたのは私も納得。
    「フォースの力」が万能で特別なものになればなるほど、
    フォースに頼らず自らの力で闘った者たちが愛しくなるってもんだ。
    単にドニー・イェンのインパクトが強かったからっつーのもあるけどね。





    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:32 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:32 | - | - | - | - |