スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    万能グローブガラパゴスダイナモス「甘い手」
    0
      2020年2月13日 福岡市美術館ミュージアムホール

      結成15年、メンバーに入れ替わりはあるものの
      ベテラン劇団の域にはいろうかというガラパが「学園もの」?
      正直何でいまー?なんて気持ちで見に行ったんだけど
      若いメンバーが増えた今のガラパならではの「学園もの」になってて
      とても面白かった。
      悪役のいない王道コメディ。
      そして一度お客さんに愛されたキャラクターは
      もう何をやっても笑いがとれる、というすごく心地いい笑いに満ちた初日だった。
      ヒロシ君のしょっぱなからの愛され感はそういう脚本だから、
      というよりやっぱり人柄かな、キャスティングの勝利。
      だんだんに愛されキャラに育っていくゆかりんやヤンキー君たちがまた愛おしい。
      まさかまさか、ゆかりんのカラオケルームのシーンで泣かされるとは思わなかったよ。
      「笑いながら泣く」ってコメディでは最高のシーンだと思う。
      英さんは、愛されキャラ達の炎をあおるうちわのような存在。
      彼女がみんなを愛することでお客さんも安心して登場人物を愛することができる。
      川口君、うちの英美の使い方を心得てるぜ。
      それぞれの背景、伏線を残さずきっちり回収してくれた技も含めて
      よくできた脚本だと思ったよ。

      前から2番目という良席をいただいて、
      若者の顔の区別がつきづらいおばちゃんにも
      それぞれのキャラがしっかり刻まれた一方で
      「若いなぁ」というむき出しの声がちょっとわんわん来すぎて、
      個人的にはもう少し後ろの席で観ればよかったかなぁという感じ。

      カーテンコールのお客さんからの「おかえり」にはぐっときたよね。
      あれを舞台側から観たらどんなに嬉しいか・・・
      あったかい、いや、熱いファンが沢山。
      ガラパさん、幸せだね。

      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 14:50 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 14:50 | - | - | - | - |