スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「ジョジョ・ラビット」
    0
      2020年1月18日 サロンシネマ 監督:タイカ・ワイティティ

      いや、参った。
      まだ1月なのに今年ベストワンクラスの映画が続くよ。
      子どもがかわいいが売りの映画かと思ったらとんでもない。
      もちろんジョジョはとてもかわいいけれど、
      かわいくて、いたいたしくて、
      それでも生きていく彼らの希望が確かにあって。

      ナチズムやホロコーストに関する映画はほんとに
      今でも絶え間なくつくられていて
      その切り口もまだまだ「こうきたかー」ってものも沢山あって。
      映画がエンタテインメントとして成立しつつ
      「歴史」を映すものであるとこがほんと豊かだなぁと思う。
      いや、邦画の表現が貧しすぎるのかもしれないな。
      特に戦争を扱うものに関しては。

      10才の少年ジョジョは
      ヒトラー親衛隊に憧れて、
      いつも心の中の「親友:ヒトラー」と会話している。
      当時のドイツの少年にとっては
      強いヒトラー、強いドイツ兵に憧れるのは当たり前のこと。
      そのジョジョが、自分の母親が自宅のかくし部屋に匿ったユダヤ人の少女と出会い、
      彼らが忌み嫌ってきたユダヤ人が悪魔のような異人種ではなく
      「人間」であり「友人」であるという
      これまた当たり前のことに気付いていく物語。

      ちょっと皮肉屋のユダヤ人少女、
      酔いちくれで人間味あふれるナチの将校、
      と彼をとりまく人物がとてもいいのだけれど
      やはり母親。
      いつも明るくて綺麗で
      正義を貫く強さがあって
      でも決して息子にそこを押し付けずに見守る優しさ。
      父と母の一人二役シーンは切なくて切なくて泣ける。
      そして彼女がいつもオシャレで美しいゆえのあの「靴」の残酷さ・・・

      この監督の色使い、衣装や小道具のセンスも大好き。
      ウェス・アンダーソンの映画に似てるな、と思った街の色合い。
      ジョジョとエルサの描く絵。
      大尉が身に着ける奇妙な衣装。
      戦争映画を暗く重く描かないユーモアとアイロニー。
      ジョジョの妄想の中ではヒトラーにさえも愛嬌を感じる。
      そして、ラストシーンの二人のダンス。
      ニヤニヤしながら目からは滂沱の涙。


      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 14:51 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 14:51 | - | - | - | - |