「ハスラーズ」
0
    2020年2月9日 中洲大洋 監督:ローリン・スカファリア

    予告編から想像してた痛快なクライム・ムービー、とは少し違ったな。
    お金に踊り、踊らされた女たちの少し苦い犯罪と友情の物語。
    犯罪のしかけも案外単純。
    まぁあのお決まりの「姉妹が来たわ」で入ってくる
    ゴージャス美女たちの登場シーンは
    こりゃ、やられるわ、やられてもいいわ、
    と思うかっこよさだったけど。

    ストリッパーたちの映画ということで
    ストリップ好きの私が見逃がすわけにはいかない、と思ったわけだけど
    ストリップクラブのシステムが日本のストリップとは
    全く違うものなのね。
    ジェニファー・ロペスのゴージャスボディとポールダンスは眼福。
    50才?撮影の時はギリ40代?
    どっちにしても憧れ、尊敬、あがめたい身体。
    そして他のストリッパーたちも堂々たる姿が美しい。
    いろんな体型、民族、肌の色。
    まさにみんな違って、みんないい。
    ちゃんと自分の美しさ、セクシーさを知ってる女たち。
    女の友情という意味ではちょっと苦い後味の映画。
    お金でつながってるようにもみえるけど
    一番楽しい時代、楽しい経験を共有した仲間への思いいれってことだもの。
    それが女にとっては、
    買い物だったりゴージャスなプレゼント合戦だったりするところが
    苦さ・哀しさだったりはするけれど
    そこに何もない、とは言い切れないなぁ、私には。





    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:51 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:51 | - | - | - | - |