スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「罪のない嘘 毎日がエイプリルフール」
    0
      2020年2月20日 福岡市民会館

      「アパッチ砦の攻防」。
      初演は三谷幸喜が東京ヴォードヴィルショーにかきおろした1996年。
      私は翌年あたりの地方公演で大笑いしながら観た、はず。
      はず、なのになぁ。
      なんか、ちょっと笑えない。
      もちろん、ムフフ、フフッと笑いが漏れることは何度もあったんだけど
      昔はもっと痛快に爆笑したような気がするんだけどなぁ・・・

      [狼擦脳个┐覆ぁ
      三谷さんの脚本とはいえ、ちょっと古い作品になってしまったのか?
      ムリがあるところが笑いどころのはずなんだけど、
      なんというか、いろんな設定がすべて力技で笑えない。
      ⊆臾鬚裡尊遒気鵑凌半ー蠅鮠个┐覆ぁ
      B作さん、芝居の作り方は変えてないとは思うんだけどなぁ。
      彼が年齢を重ねて貫録というか大物感でちゃった分だけ
      憎めないダメンズにならなくなっちゃったのかなぁ。
      虚勢はって大きく出てる人、
      じゃなくてほんとに上からモノ言う人みたいになっちゃうからかなぁ。
      私が年齢とって説教くさくなって笑えない。
      タイトルの「罪のない嘘」からして
      いや、罪ありまくりじゃないかーい、ひとんちに入りこんでさー。
      と思ってしまった。
      私がおばちゃんになっちゃったのかしら?
      でも客席のおばちゃん達、よく笑ってたけどな。
      で笑が来るところで笑えない。
      全体的によく笑いのおきてる客席ではあったけど、
      タイミングがよかったというか、悪かったというか。
      鈴木杏樹が不倫する妻の役。
      彼女が不倫に関するセリフを言ったり、不倫を責められたりする度に笑いがおこる。
      これ、もともとの脚本で笑うところじゃないよねーってとこでも。
      まぁ確かに「あーそうなるよねー」とムフフ笑いの漏れるところではあるけれど
      割と爆笑系の笑いが来るのよねー。
      なんかTVのバラエティ観て笑ってるんじゃないんだからさぁ、という気になった。
      B作さんとあめくさんの夫婦漫才的なとことか、
      高校生の娘役の役者さんがいじられるとことか、
      鶴太郎さんが小林旭っぽくしゃべるとことか、
      このあたりもバラエティ的笑いではあるけど
      でも「あり」だとは思うので、自分でもうまく言えないけどさ。

      いや、ちゃんと笑わせてもらったし、
      B作さん息切れしながらも活躍だったし、
      楽しませてはもらったのにこんだけ書いて申し訳ないとは思ったけれど
      何がもやもやしたのかちゃんと文章にしてみたかったので。


      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 13:16 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:16 | - | - | - | - |