スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「ナイブズアウト」
    0
      2020年2月4日 ユナイテッドシネマももち 監督:ライアン・ジョンソン

      後出しじゃんけん感のないよくできたミステリー。
      殺人事件の被害者は金持ちのじいさん。
      遺産相続を巡り争う親族にはそれぞれお金が必要な事情がありみんな怪しい。
      じいさんが遺産を譲りたいのは親族ではなく、自分につくしてくれた移民の貧しい看護婦。
      親族が醜い争いをみせる中、この若い看護婦、はとても善良。
      金持ちのでてくるミステリーにはありがちな設定。
      だけど、そのありがちな設定の中に
      被害者のじいさんがミステリー作家であること、
      善良な看護婦には善良にならざるを得ない理由、
      嘘をつくと嘔吐するという特殊な体質である、ということ
      で俄然面白くなる。

      ダニエル・クレイグ演じる探偵のブランがいかにもな天才タイプじゃないのも私の好み。
      ずけずけと関係者に踏み込んだ質問をしまくるけれど
      この会話の中のちょっとした違和感とか
      どちらにもとれる言葉とかに
      ひっかかって調べていくと、ちゃんと真実にたどり着くという。
      コロンボみたいな泥臭いタイプ?
      でも見た目も好み、てか、ダニエル・クレイグが好みってことか。
      007みたいにキメキメじゃない塩梅がちょうどよい。

      ミステリーの種明かし部分だけじゃなくて
      逆転していく人間関係のドラマとしても楽しめるところが
      またよくできてる。
      「貧しい使用人に親切なお金持ち」は相手を下にみているからこそ
      親切にできるのよねー。
      てか、気持ちや財布に余裕がなくなると人は人に親切になんかできないってことなのか?
      初めから持ってない私ら庶民は「失う」ことにピリピリしなくてすむってことか。
      よかったねー。



      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 19:59 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:59 | - | - | - | - |