「そして父になる」
0
    11月6日 TOHOシネマズ天神 監督:是枝裕和

    6年間育ててきた子どもが自分の子どもでないとわかったら。
    産院で取り違えられた実の子どもが他人に育てられているとわかったら。
    血のつながり、6年の年月、
    親になること、子であること。
    親になったことのない私にはどこか雲をつかむように
    想像のつかない話だったけど
    二組の夫婦、二人の子ども、それぞれの心情が丁寧に描かれた
    いい作品だった。

    前半は親というかどちらかというと大人目線。
    福山雅治演じる、エリート意識の塊のような良多に
    嫌悪感を抱きつつ。
    「あそこまで嫌な父親そうそういないよ」と思って観てたけど
    よく考えたら私と同世代の連中はバブルまっただ中世代。
    イマドキはどうかは知らないけれど
    案外私同輩らはあんな父親だったかもしれないなー。
    けっこうなエリートさんたちだしなー。
    リリーフランキーの父親は、子どもと遊んであげるいい父っていうよりも
    どこか自分がいつまでも子どもなよう。
    いや、それはそれでいい父親なんだろう。
    尾野真千子と真木よう子、母二人の心情を考えると
    まだ何も知らずに一緒に遊ぶ子ども二人が無邪気であればあるほど
    ぐっとくるところなんだろうけど
    母になったことない私はやっぱりどっか他人事。
    やっと一緒に暮らし始めた実の子「琉晴がかわいくなってきた」と戸惑いながら涙する
    尾野真千子に
    「うーん、新しい男に心魅かれていくけど昔の男になんか申し訳がない気がするような心情かしらん?」
    なんて不謹慎な例えしか思いつかない。

    でもさすがに後半子どもたちが交換(いい言葉じゃないなぁ)されてから
    以降はぐっとくる場面が増えてくる。
    流れ星にむかって「うちにかえりたい」とお願いごとする琉晴。
    家出した琉晴を迎えに来た良多から隠れる慶多。
    そして、良多がデジカメの中の慶多が撮った写真に気付いたところからは
    さすがの私も涙腺崩壊。
    親が親になろうとする以上に
    その親の子として愛されようといじらしい子どもたち。
    どちらかというと子ども目線なのかもなー、私。

    それにしても今年は
    舞台「ストリッパー物語」のダメ男
    映画「凶悪」の冷血男
    「そして父になる」のゆるっとモードパパ
    とリリーフランキーの当たり年。
    これがガチャならリリーフランキーコンプリートだわね。





    | 立石 義江 | 観る日々 | 09:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:38 | - | - | - | - |
      昨日、フランスのテレビであって、「姐さんの感想みてみたい。」とブログ覗いたら、素晴らしい!検索機能。
      ああ、そう感想持ったのかあ…と、意見みれてうれしかったです。
      また観た映画はいっぱいブログに書いてください。楽しみにしています。
      | みな | 2017/05/17 12:17 AM |
      こんなに遡ってくれてありがとう。
      いつまでたってもお子ちゃま側です(笑)。
      | よしえ | 2017/05/24 1:22 AM |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/424