スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ふらりサイゴン・お買いものの天国と地獄。
    0
      もしあなたがベトナムへ行きたいと思っているなら
      というか、もう一度行きたいと思っている私に
      お買い物のアドバイスをするならば。

      ・まず市内で定価販売しているお店を何軒かみて
      相場が何となくわかるまでは買ってはいけない。
      定価販売しているお店は概して高くはない。
      ・市場でも市内でもメインストリートのお店は
      百戦錬磨で勝ち目が少ない。
      ちょっと脇道でのんびり営業してるお店がだいたい安い。
      市内ならば、脇道で冷房もないような店がねらい目。
      ・値切りそこねてもぼったくられても
      それでも日本からすると安くてかわいいものがいっぱい。
      何十円の攻防にめくじらたてず、ま、いっかの精神で。
      こんなところかなー。

      そりゃあねいろいろはありましたよ。
      初日の朝から、まずは値段の相場見のつもりで入ったお店で
      今すぐにでも着られそうな着心地よさげなワンピ見つけて
      日本円3000円くらいの値段を言われた。
      「まだ初日だからもう少し考えるわ」と言ったら
      「今日は元旦の朝、あなたが今年最初のお客さん
      これが売れたら私は今年1年ラッキーなの。
      だからスペシャルな値段にするわ」と2000円でいいというお姉さん。
      1年分の運勢たくされたんじゃなあ、でも悪い買い物じゃないなと買っちゃった。
      やっぱベトナム買い物天国だわーとニヤニヤしてたら
      翌日市場で980円で同じもの見つけて
      地獄とまでは言わんけど、2Fの窓からくらいは突き落とされた気分。

      もう最終的に買ったものが満足いけば
      結果オーライでいいじゃない。
      ええ、結論は「買い物天国ベトナム」で。

      | 立石 義江 | 旅の日々 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 08:04 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。