三軒茶屋婦人会「ス・ワ・ン」
0
    7月25日   北九州芸術劇場中劇場

    徳川幕府がキリスト教を禁じた時代にルソン島に流された
    キリシタン大名の妻や娘たち。
    現代、中国のiphone工場で働く女たち。
    戦後の混乱期、米軍将校やヤクザの出入りするナイトクラブのホステスたち。
    3つの時代、3つの場所、3人の女たち。

    どの場所にも漂う閉塞感。
    時代の流れに抗えない諦めの空気。
    どこへも行けない女たちがここではないどこかを夢見る姿は
    哀しく、時に滑稽。
    漂うラストの美しい白いドレス姿
    美しいのに華やかなのに
    泣けて泣けて。
    夢か幻のような、ス・ワ・ン。

    三軒茶屋婦人会、何度目かの鑑賞ですが
    見れば見るほど違和感なくなるお三方の女装姿。
    まぁ篠井さんはもともと女形として完璧な美しさですが
    深沢さんもこんなおばちゃんいるいるな感じですが
    大谷さんですよねー。不思議なほど違和感なくなる。
    今回はコントラバスとトランペットの生演奏とともに
    歌と踊りもありで。
    お三方とも歌も上手で芸達者だなーと。
    こら!ゲイ達者で変換するなよ、私のPC!

    | 立石 義江 | 観る日々 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:30 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/788