小倉の楽しみ
0
    週末は北九州を満喫。
    土曜に下関・門司港で食べて観劇して飲んで呑んで。
    日曜は小倉で大事な用事があったのだけど
    転んでもただでは起きないというか
    ビンボー症な私としては用事の前後にめいっぱいのお楽しみを詰め込む。

    まずははるやうどん。
    「肉うどん」ってメニューが増えてた。
    なつかしの、って書いてあったから復刻メニュー?
    いうても、これでうどんが「うどん」と「肉うどん」の二種類。
    卵のトッピングをつけるか、いなりをつけるか
    くらいの選択肢しかないんだけど、きざんだおあげが
    やさしいお味。

    そして、お友達にお勧めされたら従う素直な私は
    おすすめのメンバーときいて素直にA級小倉へ。



    トップバッター奈々子さん
    愛らしく踊りも上手。
    純白の羽根扇と白い裸体の描く美しいカーブ。惚れ惚れしたわ。
    麻耶花さん
    正直言うと出てきた瞬間「ふとっ」って思ったごめんなさい。
    いろんな好みの人がいて当たり前だよってのもあるけど
    ヒップホップ系の音で踊るとパンチがあって
    なかなかいいダンサー。おみそれしました。
    安田志穂さん
    探偵の設定なのかしらちょっとストーリー性のある演目。
    好奇心あふれる少女のように始まって
    やがてうっとりするほど妖艶になってくギャップが素敵。
    川村あいねさん
    いやー、かわいい。
    青い鳥を追う物語のようだったけど、2曲目の自らが青い鳥になったような
    青い羽根をまとったミニの衣装に
    昭和のアイドルの正しい継承者を見たような気がします。
    昭和のアイドルに熱をあげた世代が
    今のストリップの主な客層だからってことかしら。

    そして今回一発でファンになってしまった栗鳥巣ねえさん。
    たった3曲か4曲のあの持ち時間に
    演技力の必要なOLコスプレに始まり
    吊りの技まで魅せてくれて
    終わった後のMCもさっぱりして男前な感じ。
    もうひとステージ見たかったけどバスの時間が・・・
    次は3月にA級に香盤予定ときいたのでぜひともリベンジを。

    何度目かのストリップ。
    見るたびに好きな踊り子さんが増え、お楽しみポイントが増える。
    今回は踊り子さんと常連さんのやりとりとか、アイコンタクトとかも観察してました。
    いわゆるオープンショー。
    踊り子さんはお客さんひとりひとりとアイコンタクトとるのね。
    それは感謝の気持ちだったり、ファンを増やすためのコミュニケーションだったりなんだろうけど
    なんというか、堂々としたその姿に改めて感心しちゃった。
    「私が堂々とみせてるんだからあなたも堂々のみていいのよ」という
    踊り子さんの優しさでありプライドみたいなもの感じた。


    というわけで、立石は引き続き酒を飲んではストリップを語り、
    未体験の女子をひっぱりこみたいとたくらんでおります。
    栗鳥巣ねえさんからいただいた初心者向けの解説漫画もありますしね。
    こっそり連絡くれればご一緒しますよ。
    一緒に行ったとタグ付けしたりしないから(笑)


    | 立石 義江 | 旅の日々 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:50 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/804