スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    半分ですね。
    0
      7月ももう半ばをすぎてからこういうのもなんですが
      6月終わって一年の半分が終わったわけですね。
      今年の前半
      観劇・落語・ライブの部門が42本、映画は41本。
      上には上を行く人がいることは百も承知ではあるけれど
      これ、単純に倍にしたら結構な数字ですよ。
      もう、我ながらあきれる。

      3.月の落語月間からの
      4.5月は芝居が1本ずつとそこそこ忙しくやってたはずなのに
      なんでこうなっちゃうんだろう。
      6月もこんな内容のブログ書いて、自分への戒めにしようとしたはずなのに。
      厳選しようと情報を集めては、よけいにどれも観たくなるという逆効果。
      これだけの娯楽とその情報があふれてる中で
      ちゃんと「選んで」芝居や落語を観に来てくれるお客様の
      ありがたさが、本当に身に沁みます。

      それと同時に「これを観ないなんてけしからん」みたいなことは
      簡単に言うまい、と心に誓う。
      いや、今までだってそんな強い語調は使ってはなかったとは思うけど。
      それでも、「こんないい芝居なのにお客さんがこれくらいとはもったいない」
      「福岡の演劇人の姿が客席にあまり見えないのはなんだかなー」みたいなことを考えたのはしょっちゅうだったわけで、でも改めて自分が選ぶ側の立場でみると
      時間もお金も無尽蔵ではないなか、やっぱり「選んで」いくしかない。
      いや、もう何かを「観る選択」は簡単。物理的な事情で「諦める」のは残念だけどしょうがない。自ら「観ない選択」することがどれほど苦しいか。
      「素晴らしいから借金してでも」とか「仕事休んででも」観るべし、なんてことも
      やっぱり言えない。だって借金してでも見たい作品は次々と生まれてくるんだよ。
      芝居も映画も、たぶんあらゆるアート作品が、なまものであり
      時代とともに生まれ育ってゆくものである以上、借金してでも見たい作品は
      生まれ続けるし、そう信じているから、本当に借金し始めたら大変なことになる。
      だからと言って、情報収集不足、勉強不足を肯定
      する気もさらさらないし、
      今日も財布の中身とスケジュール帳とをにらめっこしながら
      「選ぶ」楽しみと苦しみに悶絶し続けるわけです。

      | 立石 義江 | いつもの日々 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:36 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。