梨の礫の梨
0
    本番が終わって1週間近くたちますが
    遅ればせながらブログのほうでもきちんとお礼を。

    月光亭落語会シアターシリーズNO.1「梨の礫の梨」
    全日程を無事に終了いたしました。
    ご来場くださった皆様に厚く熱く御礼申し上げます。
    40人も入ればいっぱいの小さな会場です。
    わずか45分ほどの上演時間です。
    何ひとつしかけがあるわけではない、シンプルなセットで
    女が二人しゃべり続けるだけの芝居です。
    だからこそ、私たち役者の側にも
    お客様が息をつめる呼吸や前のめりになる気配が伝わってきていたように
    お客様にも氷がグラスの中でカラリと溶ける音や
    二人の気持ちの行ったり来たりが届いていればいいなと思います。
    とにかく濃密な時間と空間でした。
    あの場を共有してくださったこと忘れません。

    初めて当日パンフとやらに挨拶文とやらを書きました。
    クレジットだけのシンプルなものしようかと思いましたが
    どうにも寂しいなと。
    ところがいざ書き始めるとブログの文章も長い私ですから
    とてつもなく長いものになりそうで。
    この数年、「月光亭」という帰る場所があることにどれほど助けられてきたか。
    私たちがどれだけお互いのファンであるか。
    半ば、私個人の脚本への思いを「月光亭」に便乗させたようなこの企画が
    今まで月光亭を応援してくれたお客様にどう映るのかという不安。
    この人に頼んでよかったと思える丁寧な仕事をしてくれた演出家、
    正直自分が想像していた以上に女であり母であり女優であった相棒と組めた幸せ。
    ほら、もうすでにこんなに長くなってる(笑)。
    せいいっぱい削ったご挨拶。
    もう一度ここに載せてこれで締め、かしら。




    「継続は力なり」なんてことを申します。
    「月光亭落語会」はもともと長いつきあいの女優4人が思いつきと勢いで立ち上げた落語ユニット。気がつけば私たちのホームと言えるこの場所はもう立ち上げから6年。無理をせず自分たちが面白いと思えることをかぎわける能力はことさら長けてきたように思います。
    ホームであるこの月光亭で、「落語」だって「芝居」だって、身軽に面白いことにとびこんでいけるように。そんな思いで「シアターシリーズ」としてお芝居もつくって行こう、の第一弾の舞台です。月光亭落語会4人がそろったお芝居をやるのはもちろんですが、いつかは、と先延ばしにするよりは、面白いと思ったことをひとつずつ実現していくほうが私たちらしいかな、というスタートです。6年前に落語を始めた時のように、とにかくエイヤっと始めてみます。

    さて、今回の舞台は酒場です。初演を見てからいつかやりたくて、誰と組もうか、誰に演出してもらおうかと、それこそ酒を呑んでは妄想してきた作品です。妄想をベストな形で現実にできたこの座組にとても感謝しています。
    福岡屈指の酒場が似合う女優二人が贈る酒場の芝居です。
    どうぞ最後までおつきあいのほどをよろしくお願いいたします。

    月光亭愛眼

    | 立石 義江 | 役者の日々 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:14 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/972