だらく館「贋作一条さゆり」
0
    11月19日   花習舎

    海峡演劇祭でこの作品を見たのは2012年。
    あの時は、一条さゆりの生々しく女として生きる姿に
    たくましさやしたたかさを感じたのだけど
    今回はなぜか、彼女のいじらしさ、かわいさを感じた。
    あれから4年たって、演者の若林美保さんも、
    観客の私もその分だけ年齢を重ねて。
    まして私はその数年の間にストリップをたくさん見て。
    感じることもかわるよね。かわるから面白いね。ナマものだから。

    伝説のストリッパー一条さゆりの物語を
    現役ストリッパーにして女優のわかみほさんが演じる。
    二人の姿が重なる。
    あれからストリップ劇場でのわかみほさんのステージを
    いくつか見てきたのは大きいかしら。
    かぶりつきに座るお客さんを「こどものよう」というセリフ。
    本当にステージでのわかみほさんは
    いつも聖母のような微笑みでお客さんに向かってる。
    そしてほんとにこどものように嬉しそうに踊り子さんを
    待っているおっちゃんやおじいちゃん。
    実際に劇場でそんな姿を見てきたからなー、私も。

    ウソと本当、ウソと夢、好きと憎らしい。その間で揺れながら、生きる。
    愛されたくて愛したくて、揺れながら生きる一条さゆりが愛おしくて。
    わかみほさんの指先ひとつ、髪の一筋にまで
    情感のこもった所作にため息をつきながら
    いつまでもこの人を見ていたいと思った。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:40 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/982