競泳水着大阪部「Nice to meet you, My old friends.」
0
    10月23日   インデペンデントシアター 1st.

    青春はバラ色だなんて誰が決めたんだろう。
    特に中学・高校の学生時代なんて
    否が応でも学校という規律だらけの檻に閉じ込められて
    汗臭くても毎日洗うこともできない制服という鎧に固められて。
    もちろんその制限の中でも光をみつけられる、
    というかそこからはみ出すほどのエネルギーを持っているのも若さの特権だろうけど
    若さゆえに、もやりと鬱屈したものから抜け出せぬこともある。

    タレントの玲奈は、ローカルテレビ局が制作するドキュメンタリーの取材の為、
    マネージャーと共に母校の中学校を訪れる。
    一人美術室で過ごすことの多かったいい思い出のない学生時代。
    同級生と交流の無い玲奈は、友人代行会社から派遣された女性に同級生役を依頼し、
    「再会」の内容を指示する。しかしカメラが回り始めると、
    女性は玲奈に、予定とは違う「思い出話」を語り始める……。


    人は記憶を都合のいいように書き換える。
    いい思い出のなかった過去も、その中の楽しかった部分だけを
    覚えているようにすれば楽しかった過去になる。
    もちろんその逆も。
    演技のはずの友人との会話の中から浮かびあがるのは
    無意識に書き換えた記憶の泡のようなものなのか
    それとも真実なのか。
    大人になってよかったと思えることの一つは
    青春時代の痛い経験や記憶を笑って話せるようになったこと。
    酒を呑みながらならましてや、だね。

    | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:37 | - | - | - | - |









      http://giedaaa.jugem.jp/trackback/983