「くー嶺街少年殺人事件」
0
    2017年6月13日 KBCシネマ 監督:エドワード・ヤン

    いやー、長い。やっぱ長いよ。
    4時間休憩なしの映画って。
    途中でトイレ行きたくなったらどうしよう、とか
    よけいな心配ばかりしちゃうしさ。
    日本での公開時は3時間にカットされた映画だったらしいが
    むしろそっちが見たかったかも。
    台湾の歴史的背景、移住してきた家族の微妙な立ち位置や
    揺れる時代を描くのに必要な時間ということなんだろうけど。


    光と影の映画。
    暗い映画スタジオや教室を照らす懐中電灯のひと筋の光。
    教会で弟を待つ姉を包む教会のうす暗い空間とその外に広がる鮮やかな緑。
    暗闇の中での襲撃事件。
    そして、不安定な時代に思春期を過ごす少年少女の心の中の光と影も。
    シャオ・スーにとって少女シャオ・ミンは光だっただろうし
    自分も彼女にとっての光でいたかったのだろうな。
    その気持ちを暴力でしかあらわせない少年の心の闇。
    あっけないくらいに無残なラストが夕闇の台湾の景色とともに
    暗く広がる。

    あ、タイトルは文字化けしたのでしかたなく、です。

    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「あぁ荒野 前編」
    0
      2017年10月15日 中洲大洋 監督:岸善幸

      息もつかせぬ2時間半。
      ちっとも長いと感じなかったな。
      てか2時間半あってもさらに後編もあるのかーってことが
      ちっともイヤじゃなくて、早く早く続きがみたい。
      正直、前後編になってる映画はあんまり好きじゃない。
      前編のあと時間がたっていろいろ忘れちゃうじゃん、とか
      前編がイマイチだったとしても後編観なきゃいけない気持ちになるじゃん、とか。
      実際「64」はもっと短い間隔で後編を観たかったし
      「寄生獣」は観なきゃいけないかなーと思いながら結局後編観なかったし。
      スターウォーズやハリーポッターみたいなシリーズものにも
      あまりはまったことはないし。
      いや、初めてじゃないかな。こんなに続きがみたい映画は。

      お話のおもしろさ。
      キャラクターの魅力と役者のよさの一致。
      60年代と近未来の時代背景の不思議なシンクロ感。
      どこから見ても面白い。
      原作は未読だけど、どちらかと舞台の人に思っていた寺山修二の世界。
      ボクシングやセックスのシーンは映像からでも
      生身の人間の熱が伝わってくるところがたまらない。
      菅田君びいきの私としては
      「帝一の國」も「銀魂」も観たけど、やっぱり菅田君はこうじゃなくちゃ、
      という暴れん坊で色気あふれる彼を観られたのも至福。
      意外にもユースケ・サンタマリアの片目にもちょっと萌える(笑)。


      | 立石 義江 | 映画観る日々 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談」
      0
        2017年5月29日 あうるスポット

        通し狂言6時間。
        普段なら2時間越えの芝居、と聞くだけで「なげーよ」と
        身構えてしまうのに、チケットとった時からのこのワクワクはなんだろう。
        娯楽の少ない昔はこうしてみんな歌舞伎を楽しんだのね、とか
        インド映画みたいなもんかしら、とも思ったけれど
        やっぱり純粋に「物語」に対する欲望みたいなのが一番勝ってる気がするわ。
        四谷怪談と言えば、お岩さんの怪談として馴染みのある話だけど、
        実際は群像劇、というか、たくさんの人の思惑と物語の交錯するお話だから。
        ましてや、木下さんの演出は現代風のアレンジもきいていて
        怖い話としてのおどろおどろしさより、人間の欲望を写した生々しい話だと思った。
        怪談として怖いはずのところは
        鼠の登場とか、夢のシーンとか
        コミカルだったり、美しかったり。

        なかでもあの夢のシーンが一番心に残ったな。
        あの美しい夢は誰の夢?誰の願い?
        お岩の心にあるのは恨みではなくてもっと
        別の思いだったのか・・・

        京都公演は事故による急な役者交代で
        脚本を持ちながら、それをカバーするような演出だったいう。
        予備知識をいろいろいれない主義なので
        交代した役者がどの役なのかなどと何も調べず東京公演を見たら
        誰が新キャストなのか全くわからなかった。
        後で聞けば「宅悦」というかなり重要な役どころ。
        京都からわずかな時間で仕上げた役者さんにも関心しつつ
        その演出をちょっと見てみたかった気もするなぁ。

        | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |