「メッセージ」
0
    2017年6月25日 ユナイテッドシネマキャナルシティ13 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

    目から鱗だったな。
    自分の思い込みやイメージが次々とくつがえされていく。
    しかもその過程がなぜだか心地よい。
    宇宙人と言えば侵略してくるものだ、と思えば
    そこには穏やかに交流していく過程。
    言語学者の仕事は机上で文献を解読するものではなく
    まるで「新しい言葉」を共につくっていくような
    コミュニケーションの積み重ねの解読作業。
    そして、宇宙人もののSFだと思っていたら
    時間ものだったという見事な着地点。
    大技というより、緻密な技の積み重ねの詰まった美しいフィニッシュでした。

    宇宙人=ヘプタポッドを受け入れるところからコミュニケーションを図ろうとする
    言語学者エイミー・アダムスはとても「母」的な感じがして
    それがあのフラッシュバックとも重なって
    見事にだまされて(?)しまった。
    そして彼女の強さがとても素敵。
    時間を超えたメッセージを受けてしまった彼女が
    それでも未来へと踏み出す姿がとても美しかった。


    | 立石 義江 | 映画観る日々 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    梅棒「ピカイチ!」
    0
      2017年7月8日 くるめシティプラザ

      噂には聞いていた。
      「J-popにのせてダンスでストーリーを展開するエンタテインメント」。
      え、セリフはないの?ダンスだけなの?
      という戸惑いをぶっとばすパワー。
      噂通り、というか噂以上でびっくりした。

      しょっぱなは「ついていけるかな」と不安になった。
      前にミュージカルの感想でも書いたけど
      どうやら私は歌詞をセリフとして聞き取るのが苦手。
      まして私の世代にはなじみ薄いイマドキのJ-popナンバー。
      歌詞がよくわからんところに、ダンスの密度が濃くて
      目から耳から流れ込んでくる情報の処理が追いつかない感じ。
      あてぶり的な動きを含むダンスと表情で
      何が起こってるかはわかるけど、これ疲れるわー。
      というあたりでやっと聞こえてきた体育の先生の「セリフ」。
      ホッとしたわー。
      やっぱり少しはしゃべってくれないと、情報読むのに疲れるわ。
      しかも一色さん演じる体育の先生が歌うのは「ウルトラソウル」。
      やっと知ってる曲がきたーと二重の意味でホッとした。

      これは、なんと言ったらいいんだろう。
      芝居でもミュージカルでもない。
      「梅棒」というひとつのジャンルと言うべきかもしれない。
      セリフのかわりに、とにかく踊りで表現する密度が濃い。
      踊りっぱなしのエネルギーもすごいけど
      そこからちゃんとキャラや人間関係が伝わってくる表現力。
      セリフもないしストーリーは単純なんだろうと思ってたら予想の上行く展開、
      ちゃんと伏線あり、回収ありで
      既成の歌詞にのせてこれがやれちゃう構成力というか演出力もすごい。
      何よりもお客さんを巻き込む力がハンパない。
      私の世代にはなじみ薄いJ-popナンバーばかりなのに
      気が付けば手拍子をしてしまう、応援をしてしまうこの楽しさ。
      リピーターが多いのも納得だなぁ。


      | 立石 義江 | 芝居観る日々 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      癌でした。過去形でいいのかわからないけど。
      0
        博多駅なうです。
        今日の午前中は病院でした。
        もちろん平日なので本来ならこれから職場に戻ってお仕事したり
        夕方には12月出演のお芝居のお稽古に行ったりするべきなのですが
        今日は完全に自分の休日にしようと前から決めておりました。
        私、胃癌でした。過去形でいいのか、現在完了形で書くべきなのかよくわからないけど。
        9月12日に胃の下のほう、2/3を切除しました。
        なぜ今さらこんなこと書くかというと、今日切除部分の最終的な生研結果を告げられたからです。
        ステージA。
        術前の見立て通り最初期での発見。
        ただ65とったリンパのうち3ヶ所だけど転移があって、早く手術してよかったと。
        これで抗ガン剤等の治療も必要なしとの判断でやっと無罪放免。
        今まで病気らしい病気もしたことない私。
        初めて身体にメスが入るとへこんだ時期は、こんなへこんだ状態で文章にできないと思ってたし、抗がん剤治療なんてことになったらなおさらだなと思ってたので
        やっとこうして文章にしました。
        今日で解放されるのか、抗がん剤治療という長期戦の闘いが始まるのか。
        どちらにしても今日は8月6日に半ばはしゃぎ気味に「人生初胃カメラ」とつぶやいてから
        怒涛のように、でもどこかひとごとのように過ぎていったこの3ヶ月ほどに一段落つく日。
        幸い解放宣言の日となりましたので、残りの半日を思い切り遊んできます。
        とは言え、いざ私の顔見たらみなさん驚くくらい普通通りだと思います。
        もう既に病人ではないので当たり前と言えば当たり前ですが
        こんな告白をあえてしているのは、そのせいもあります。
        私の目論見では、ぐっとスマートになり、お酒も飲まなくなった私を見て
        「どうかしたの?」「いや実は・・・」という流れで
        自然と病気のことを話す流れを期待していました。
        手術から2ヶ月足らずで、体重もほとんど落ちず、お酒も少しずつですが解禁し始めるなんて想定外なくらい元気です。
        一生ダイエットが必要じゃないくらいに痩せられるんじゃないかという
        私の皮算用は見事に破れました。
        美味しいものやお酒と縁遠くなる心配も杞憂に終わりました。
        大きなメンテナンスがはいりましたが、やっぱりよしえはロボかもしれません。



        | 立石 義江 | いつもの日々 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |